思想の廃墟から: 歴史への責任、権力への対峙のために

  • 彩流社
5.00
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784779124402

作品紹介・あらすじ

民主主義の中にはデーモンが隠れている。
あるいは、民主主義の中からデーモンが生まれてくる
――
戦争責任、戦争犯罪、象徴天皇制、靖国参拝、
「慰安婦」問題、自衛隊、日米安保、沖縄米軍基地、
核兵器、原発事故、原発再稼働……

私たちの民主主義とはいったい何だったのか。
何度も問われてきたはずの問いを、
今なお私たちは問い続けなくてはならない。
フランス滞在から帰国後の思想家・鵜飼氏、
ハンナ・アーレント等、政治思想の研究者・岡野氏、
軍事史が専門の田中氏に、
前田朗氏がインタビューで鋭く斬り込む。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 東2法経図・6F開架 369.3A/U58s//K

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

一九五五年生れ。一橋大学教員。フランス文学・思想専攻。著書『抵抗への招待』(みすず書房)、『償いのアルケオロジー』(河出書房新社)、『応答する力』(青土社)、『主権のかなたで』(岩波書店)、『ジャッキー・デリダの墓』(みすず書房)ほか。

「2019年 『で、オリンピックやめませんか?』 で使われていた紹介文から引用しています。」

鵜飼哲の作品

思想の廃墟から: 歴史への責任、権力への対峙のためにを本棚に登録しているひと

ツイートする