ゴジラの精神史 (フィギュール彩)

著者 :
  • 彩流社
3.63
  • (0)
  • (5)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 41
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (207ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784779170133

作品紹介・あらすじ

2014 年、7 月公開のハリウッド映画『ゴジラ』(TOHO系列) にあわせ、完全書き下ろしの小野俊太郎の最新作です!
ゴジラファンのみなさま、お待たせしました!
2007 年『モスラの精神史』(講談社現代新書)、2010 年『大魔神の精神史』(角川one テーマ21 新書)、そして、誕生から還暦を迎える今年、『ゴジラの精神史』が登場します!
これまでの著作同様、目からウロコのウンチク満載!
究極の深読み、そして、新たなゴジラ像が出現する!
なぜ、ゴジラは死ななければならなかったのか?
1954年の第一作には、ゴジラのすべてが込められていた。
この本を読んだ瞬間、もう一度、映画を観たくなる!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 面白かったです。1954年版『ゴジラ』の分析が主ですが、1984年以降のシリーズについても触れられています。ゴジラは日本人にとって何なのか、なぜたびたび襲ってくるのか、改めて考えるきっかけにもなると思いました。

  • ゴジラの精神史と言うよりは第一作目のゴジラの解題という
    内容だったと思う。まぁ、それほどゴジラシリーズにとって
    第一作目が重いものだということであろう。

    映画に関わる人間は本当に数多い。その関わる人の数だけ
    映画に込められるものがあるのだから、いくらでも深読み
    できるのが映画の魅力、という一面もあるのではないかな。

    読んでいて楽しい本ではあったが、心に残るモノはあまり
    無い、そういう著作であった。

  • 系推薦図書 総合教育院
    【OPACへのリンク】
     https://opac.lib.tut.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=172381
    【推薦理由】
    授業「言語と思想」推薦図書。

全4件中 1 - 4件を表示

プロフィール

小野 俊太郎(おの・しゅんたろう)
1959年北海道札幌市生まれ。東京都立大学卒業。成城大学大学院英文科博士後期課程単位取得退学。成蹊大学など非常勤講師。
主な著書に『日経小説でよむ戦後日本』(ちくま新書、2001年)、『モスラの精神史』(講談社現代新書、2007年)、
『本当はエロいシェイクスピア』(彩流社:フィギュール彩、2013年)、『ゴジラの精神史』(彩流社:フィギュール彩、2014年)、
『フランケンシュタインの精神史 シェリーから『屍者の帝国』へ』(彩流社:フィギュール彩、2015年)、
『『東京物語』と日本人』(松柏社、2015年)、『スター・ウォーズの精神史』(彩流社:フィギュール彩、2015年)、
『未来を覗く H・G・ウェルズ ディストピアの現代はいつ始まったか』(勉誠出版、2016年)、
『太平洋の精神史 ガリヴァーから『パシフィック・リム』へ』(彩流社、2018年)など多数。

小野俊太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジャレド・ダイア...
又吉 直樹
クリス・アンダー...
有効な右矢印 無効な右矢印

ゴジラの精神史 (フィギュール彩)を本棚に登録しているひと

ツイートする