〈狭さ〉の美学: 草庵・茶室・赤ちょうちん (フィギュール彩)

著者 :
  • 彩流社
2.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (218ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784779170881

作品紹介・あらすじ

日本文化における〈狭さ〉の価値とその魅力。

〈狭さ〉とはただのデメリットなのだろうか?
けれども日本文化史上には、鴨長明『方丈記』、
千利休の茶室、池大雅・与謝蕪村の『十便十宜図』等、
さまざまな〈狭さ〉の美学が存在する。
また商店街などにある酒場の赤ちょうちんの
〈狭さ〉には社会通念や物質信仰を超えた「自由」が
宿っているのではないか。
都市空間において排他的・敵対的な〈広さ〉に
囚われ自閉する私たちに、
〈狭さ〉はいかなるアンチテーゼとなりうるのか。
前著『生きられる都市を求めて』に続き、
「都市」に骨がらみの息苦しさを克服し、
人が「生きられる」場所の復権を提言する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 狭いことの心地よさにどっぷりとハマった時、世間の荒波に揉まれている事などすっかりどこかへ消え失せる。
    それで、この本を手に取りました。
    懐かしの方丈記や白楽天などなどが随所に引用されており、狭さを語りつつ、取り上げている時代も世界も広いところの対極感が、また風情があって楽しめます。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

こんどう・ゆう
1958年東京生まれ。建築家。慶應義塾大学経済学部卒業。
アパレル企業企画部に勤務後、設計事務所での勤務を経て独立。
現在、建築デザイン事務所を運営している。
著書に『物語としてのアパート』、『洋画家たちの東京』、
『脳病院をめぐる人びと』、『生きられる都市を求めて』
(すべて彩流社刊)。

「2017年 『〈狭さ〉の美学』 で使われていた紹介文から引用しています。」

近藤祐の作品

ツイートする