神と仏の倫理思想―日本仏教を読み直す

著者 :
  • 北樹出版
3.57
  • (1)
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (247ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784779301865

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 小さい頃、葬式でなぜお坊さんが肉を食べるのか疑問に思ったことがあった。

    この本では、日本仏教の特色として、僧の戒律が機能しなかったことを挙げ、その理由を「単に日本の僧が堕落しているといったこと」ではなく、「日本では仏教集団が社会から自立した集団となりえなかったこと」を意味している、と述べている。

    これを見て、自分が疑問に思ったことがすっきりした。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1961年東京生まれ。東京大学文学部卒業。東京大学大学院人文科学研究科博士課程修了。チベットの諸師より顕密の教えを学ぶ。現在、公益財団法人中村元東方研究所専任研究員。お茶の水女子大学・宇都宮大学・東洋大学・明治学院大学・東京女子大学非常勤講師。専門は日本倫理思想史、仏教学。著書『空海に学ぶ仏教入門』(ちくま新書)、『神と仏の倫理思想〔改訂版〕』(北樹出版)、『現代仏教塾Ⅰ』(共著、幻冬舎)、『道・身心・修行』(共著、理想社)、『サンガジャパンvol.25 特集原始仏典』(共著、サンガ)など。

「2018年 『チベット仏教入門』 で使われていた紹介文から引用しています。」

吉村均の作品

ツイートする