新・人が学ぶということ―認知学習論からの視点

  • 北樹出版
4.00
  • (3)
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 46
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (249ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784779303210

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「言葉を覚えるしくみ」の方が良書だなと思った。

  • これは面白い。
    専門分野は限らず、現代人必読と思う

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

慶應義塾大学環境情報学科教授。1989年、慶應義塾大学大学院博士課程単位取得退学。1994年、ノースウェスタン大学心理学部Ph.D.取得。専攻は認知科学、言語心理学、発達心理学。主な著書に『ことばと思考』『学びとは何か』(共に岩波新書)、『言語と身体性』(岩波講座コミュニケーションの認知科学第1巻〔編著〕)、『言葉をおぼえるしくみ――母語から外国語まで』(ちくま学芸文庫〔共著〕)、『新 人が学ぶということ――認知科学論からの視点』(北樹出版〔共著〕)がある。

今井むつみの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
J・モーティマー...
リチャード・ドー...
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印

新・人が学ぶということ―認知学習論からの視点を本棚に登録しているひと

ツイートする