バンクーバーはなぜ世界一住みやすい都市なのか (叢書・地球発見)

著者 :
  • ナカニシヤ出版
4.00
  • (1)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (196ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784779500145

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 何でバンクーバーに行く前に読まなかったんだろう。これと地図があれば十分だったかも。

  • 1995-96までをUBCで研究していた、地理学者の著者による現地レポート。書かれたのは2009ということで、時差もあるが、観光で行く場所も、その周辺も、著者ならではの視点から描写分析されていて、追体験できる。電車や乗り物好きな人ならなおさら現地を訪れたくなるだろう。各地区の個性が分かりやすかった。

  • 日本人だけではなく、中国・韓国人なども多い、アジアに親しみのある街ですが、その魅力スポットを多く紹介しています。ウォーターフロント駅は美術館のよう。また市内鉄道の美しさ、速さ。叔父が住んでいるので、一度訪問しましたが、まだまだ魅力が多いので、再訪したいと思いましたがそもそもこの本は「住む魅力」を書いているのでは・・・?とにかく、夏は涼しく、冬は意外と暖かいというのは、理想的な世界です。

  • 三葛館一般 295.17||KA

    現地で暮らし、その後も何度も現地を訪問し、情報を集めている著者の意見には信憑性があります。
    思わず今度の旅行先はバンクーバーにしよう!と決めてしまうかもしれません。

    和医大OPAC →http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=63609

  • バンクーバーがなぜ一番住みやすい都市と言えるのか?

    これを念頭において読んでいます。

    この都市の文化・歴史を踏まえ自分なりの解釈ができればと思います。

  • 配架場所【図・3F開架】請求記号【295.17||KA】

    移民の国バンクーバーは、今でなお世界各国から居住地を変えようと国籍を変える人々がいます。もちろん日本もそのうちの1つです。
    前回の冬季オリンピックが開催された都市バンクーバーは、なぜこのように世界で一番暮らしやすい、住みやすい都市といわれるのでしょうか。 

  • vancouverのことがかなりよくわかる!

  • せっかく読んだかられびゅーw

    先生のバンクーバーに対する愛が溢れまくってて気を抜くと感化されそうになる本。
    ちょっと行ってみたい、むしろ住んでみたいとか思ってしまう。あぶないあぶない。
    いや、いい本ですよ。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

香川貴志(カガワタカシ) 京都教育大学教育学部教授。立命館大学大学院文学研究科地理学専攻博士後期課程単位取得退学。都市地理学が専門。

「2017年 『ジオ・パルNEO [第2版]』 で使われていた紹介文から引用しています。」

香川貴志の作品

ツイートする