心の発生―認知発達の神経科学的理論

著者 :
  • ナカニシヤ出版
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (147ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784779504488

作品紹介・あらすじ

「心」はどのように幼児の中にうまれるのか?言葉の意味とはその言葉で惹き起こされるイメージ、つまり仮想的身体運動である-人工知能研究、言語学、心理学、脳科学、哲学を横断する気鋭が、斬新な視点から「心」の謎に迫る。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ・信号は条件刺激的なものである。
    ・標識は能記が所記から分化していないものである。所記の一部や所記の因果的関係。
    ・象徴は能記が所記から分化しているが、所記とはなんらかの類似性を持っているものである。
    記号は所記から分化しているが慣習的であるため、多かれ少なかれ恣意的なものである。

全1件中 1 - 1件を表示

月本洋の作品

心の発生―認知発達の神経科学的理論を本棚に登録しているひと

ツイートする
×