ブッククラブで楽しく学ぶクリティカル・リーディング入門―国際化時代を生き抜く読書力がだれでも身につく

著者 :
  • ナカニシヤ出版
3.22
  • (2)
  • (1)
  • (4)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 41
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (122ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784779504594

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読書会のコツとかノウハウみたいなもの。どういう風にテキストを解析するかと論じるかについて具体例をあげて語られる。作品や批評を整理する際のひとつの指針にはなる。実際にやることを前提で書かれている本。きっととっかかりやすくなると思う。

  • どんどん本を読む。そうすれば読解力や国語力がつく、とは限らないんだな、これが。評価・批評的に読むスキルと、問題を発見し、課題解決のための自らの意見を持とうとする姿勢を持つような意識が「クリティカルシンキング」。そういう読み方をする環境・場面としての「ブッククラブ」についてわかりやすく書かれている。実際のテキストから問い(発問)を立てるのだが、そのストラテジー(戦略)を14に分類しており、どういう狙いでテキストを読む(読ませる)かがよく理解できる。ただ、ディスカッションのきっかけとなる「プロンブト」の例は豊富だが、ホストによるファシリテーションについては示されておらず、議論をどう収束させていくか、「答え」を与えてもいいものなのかについては述べられていない。ブッククラブ活動で「楽しかったー」で終わってもいいのかもしれないが、教室での活動で「やりっ放し」になるのは心配がある。

  • 資料ID: W0157415
    分類記号: 019||A 73
    配架場所: 本館1F電動書架A

  • ブッククラブというものが海外にはあるらしい。

    本を読んだら、次の4点を書き留めておくとよいらしい。
    登場人物
    時系列図
    作品の主題
    鍵となる疑問

    1つの本をお互いに批評しあうのも楽しそうだ。

    名古屋アジャイル勉強会では、得書会というものをしている。

  • 概要から具体的な説明へ、そして実践編に…という構成はわかりやすい。実際にブッククラブを主宰するためのいい教材になると思う。

    ただ、クリティカル・リーディングの大切さを書いた本なのに、情報の参照元にWikipediaを使用しているのが、疑問。しかもその記述もいい加減(インターネットの情報を参照した場合は、確認した日時を記すはずなのですが…?)。そのため、Wikipediaを情報源としてどう評価するのかをきちんとレクチャーしてからでないと、学生に薦められないのが残念。(えらい先生だってふつーにやってんだから、学生の自分がやったって問題ないでしょ、なんて言われたらえらいことだ…)

    その点さえ差し引けば、わかりやすくて、入門編として使いやすい一冊。

全7件中 1 - 7件を表示

有元秀文の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
又吉 直樹
池井戸 潤
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする