成長なき時代の「国家」を構想する ―経済政策のオルタナティヴ・ヴィジョン―

  • ナカニシヤ出版
4.36
  • (7)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 65
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (408ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784779505133

作品紹介・あらすじ

豊かさとは、国民とは…新進気鋭の論客たちが提言する、新しい国家ヴィジョン。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • pp.130-155 安藤馨「幸福・福利・効用」
    pp.171-185 大屋雄裕「配慮の範囲としての国民」

  • 経済成長を目的とした従来の政策に代わる政策ビジョンを「オルタナティヴ・ヴィジョン」と位置付ける。このヴィジョンは、
     1.国民の福利向上を目的とする。
     2.人間関係・共同体の持続性と一体感の維持
    を目指す。

    これにより、経済政策の重点は、これまでの政策ヴィジョンと異なり、
     1.「個人」から「社会」へ
     2.「短期」から「長期」へ
     3.「量」から「質」へ
     4.「事後」から「事前」へ
    と大きな転回を伴うこととなる。


    第1部は中野剛志による「オルタナティヴ・ヴィジョン」の解説。

    第2部は、様々な論者が各々の専門分野からこのヴィジョンを掘り下げる論考集。

    第3部は、討議。

    どこを切ってもユニークな論考が目白押しである。

    個人的には、仕事柄、黒藪誠の地域産業政策に関する論考を興味深かった。

  • 中野剛志編集。BI反対、ケインズ主義等、興味深い。 国の行方を考えるとは「経済」だけに偏重するのではなく、多方面から論じられるなければいけない・・・との方向には、大いに賛成。

  • 本書の提唱する(古く?)新しい共同体とネットにおけるソーシャルなネットワークが関係した時、構想は具現化されるのでは、と感じました。いや、東日本大震災のダメージからの復活のビジョンか?

  • 全体の方向性としては至極真っ当な気がする. まだあまりにも曖昧な部分も多いが, 後いくつかのステップを踏めば10年の単位で実現しうるビジョンとも思える. 一つ間違えば国家社会主義に陥る危険を, 理念の実現の過程で残骸と化す危険も孕むが.

    有徳の政治, 経済というものはあり得るだろう. 野中郁次郎. 渡辺京二. イリイチ. ガンジー.

    その一方で, 設計とは何か, 設計というものがあり得るのか, という現代的なテーマもある.

    官僚諸君はこの方向で頑張ってくれたまえ.

    我々はその上に何重もの多様な異なるネットワークを投げかけよう.

  • 30代若手研究者の論文集。
    安藤氏、大屋氏、萱野氏の論文と討議のみ読了。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

1971年生まれ。東京大学教養学部教養学科(国際関係論)卒。通商産業省(現・経済産業省)を経て、評論家。エディンバラ大学より博士号(社会科学)取得。主な著作に『TPP亡国論』(集英社新書)、『真説・企業論』(講談社現代新書)他。

「2017年 『[新版]〈起業〉という幻想』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中野剛志の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エマニュエル・ト...
ジャレド・ダイア...
高野 和明
國分 功一郎
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする