日本の「学び」と大学教育

著者 :
  • ナカニシヤ出版
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (140ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784779507762

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読み終えた後の収穫物は2つあった。何れも大切なことなので、引き続き意識していきたい。

    日本の「学び」は、「よいかげんな知」を「しみ込み型のの学び」で得るプロセスであり、それは「非段階的」かつ「非透明性」な性質がある。自らが設定した目標に向かい、指導者の助言を得て模倣を繰り返すのが通常となる。主体的な学修には、従前より「よいかげん」の課題設定が必要。

    「正統的周辺参加」という考え方をゼミや研究室での指導に当てはめられること。もちろん日常業務にも応用可能。

    http://www.gsis.kumamoto-u.ac.jp/opencourses/pf/3Block/09/09-1_text.html

  • 良い加減な知は、いわゆるいい加減なものではなく、きちんとした知を基本として成り立つこと。
    頭で考えるというよりは体が自然に動くもの。こういうの能力こそ、俊二の判断が要求される時代には必要不可欠であろう。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

東北大学大学院教育情報学研究部 教授[学 歴]昭和56年 東北大学教育学部卒業昭和58年 東北大学大学院教育学研究科博士課程前期課程修了(教育学修士)平成4年 博士(教育学)・東北大学[主 著]超デジタル時代の「学び」─よいかげんな知の復権をめざして─ .新曜社(2012).「学び」の認知科学事典.大修館書店(2010 年).編著 佐伯胖監修:日本の「わざ」をデジタルで伝える.大修館書店(2007)編著. ロボット化する子どもたち─「学び」の認知科学─.大修館書店(2005).

「2015年 『成熟社会の大学教育』 で使われていた紹介文から引用しています。」

渡部信一の作品

ツイートする