マルセル・デュシャンとアメリカ: 戦後アメリカ美術の進展とデュシャン受容の変遷

著者 :
  • ナカニシヤ出版
5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 24
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (311ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784779510632

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  便器を送りつけてきた無礼な破壊者はキュビストにちがいない。もっとも便器を手づからつくったわけではない。きっと知的で神秘的な意図をもつシュルレアリストにちがいない。創造者の主体性に対して何も感じないから画業を放棄したそうだ。ダダイストにちがいない。生成を、知覚し経験し流動する身体に還元したり、徹底的通俗的なドル紙幣をみせびらかしたり。

    『選択的主体の個性の前に匿名性は屈服することとなる。表面的な匿名性に隠れた個性を発見しようとする視線は、最も凡庸な地点において、作品に見られる版ズレやかすれにさえ特異性を見出そうとするであろう。いずれにせよ、作品表面の通俗的な匿名性は、その背後の芸術家の個性を際立たせるものへと変貌させられてしまう。』167頁

  • 貸し出し状況等、詳細情報の確認は下記URLへ
    http://libsrv02.iamas.ac.jp/jhkweb_JPN/service/open_search_ex.asp?ISBN=9784779510632

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

京都工芸繊維大学准教授/近現代美術史

平芳幸浩の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
森田 真生
トマ・ピケティ
ウンベルト エー...
都築 響一
佐藤 雅彦
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする