宇宙倫理学入門

著者 : 稲葉振一郎
  • ナカニシヤ出版 (2016年12月26日発売)
3.33
  • (2)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :58
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784779511226

宇宙倫理学入門の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 宇宙開発を倫理学的な視点から見てみよう、という本。
    特に有人宇宙開発からの宇宙植民について、それが許容される世界はどのようなものか、倫理学から述べている。

    技術的な点ではなく、倫理的なところから宇宙植民について述べている本は少ないと思われ、大変面白い内容でした。

  • 稲葉振一郎『宇宙倫理学入門』読了。久々に人文書をちゃんと読んだ。宇宙SF自体は科学の進歩の結果として流行を過ぎて久しいが、リベラルな現代社会において許容されうる宇宙開発のあり方を構想するという試みがこれほど刺激的であったとは。人文研究らしい細々とした配慮に満ちていて読み応え十分。

  • 【内容紹介】
    タイトル 宇宙倫理学入門
    著者 稲葉振一郎
    出版社 ナカニシヤ出版
    本体価格(予定) 2500円
    ページ数 272p
    Cコード 0012
    発売予定日 2016-12-23
    ジャンル 一般/単行本/倫理(学)
    ISBN 9784779511226
    判型 四六

     宇宙開発はリベラリズムに修正をもたらすのか。宇宙開発が与える哲学的倫理的インパクトについて考察する、初の宇宙倫理学入門!
    http://comingbook.honzuki.jp/?detail=9784779511226



    【簡易目次】
    はじめに

    1 倫理学・政治哲学と宇宙開発――リベラリズムを中心に
      1-1 応用倫理学のなかの宇宙倫理学
      1-2 ミドルレンジの宇宙倫理学の困難

    2 「スペース・コロニー」の倫理学
      2-1 ジェラード・オニールの「島」
      2-2 オニール構想の吟味

    3 宇宙植民に意味はあるか?
      3-1 有人宇宙ミッションの意義?
      3-2 野田篤司の小惑星

    4 恒星間航行
      4-1 有人恒星間航行の絶望的困難
      4-2 「人間」の意味転換

    5 自律型‐人格的ロボット
      5-1 人格的ロボットの倫理学
      5-2 未来社会のひとつのイメージ――あるSFまんがから

    6 「宇宙SF」の現在
      6-1 宇宙SFの変質と解体
      6-2 ポストヒューマンSFの台頭

    7 リベラリズム再審
      7-1 「飛躍」の論理
      7-2 応用(宇宙・ロボット)倫理学から倫理学原理へ
      7-3 ハンナ・アーレントの宇宙開発論

    おわりに

    補論1 ニック・ボストロムの「超知能」と「シングルトン」について
    補論2 デイヴィドソン=ヒース的道徳実在論

    参考文献
    あとがき
    索引

全4件中 1 - 4件を表示

稲葉振一郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
スティーブン・ピ...
ジャレド・ダイア...
リンダ グラット...
エラ・フランシス...
森田 真生
ニック・レーン
スティーヴン ワ...
有効な右矢印 無効な右矢印

宇宙倫理学入門を本棚に登録しているひと

ツイートする