蹴球風見鶏 (SAN-EI MOOK)

  • 三栄書房
4.36
  • (7)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 33
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (158ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784779608896

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 脱力系蹴球批評漫画     

     ピンチラとも言われる蹴球専門新聞のエルゴラッソの連載漫画集。蹴球に向ける眼差しがとても優しい。協会、代表監督批判を交えても深刻にも冷酷でもない、だからといって真剣でないわけではない。

     しかし何よりこの漫画の特徴は、J1、J2チームとそのサポーター全てを好意的に評価しようとの振る舞いだ。シルバーコレクター、中位力、残留争い、エレベーターチーム、それぞれにサポーターがいて、それぞれがチームの状況に直面せざるを得ない。優勝や得点王に恵まれるチームは1、2チーム、ACL出場チームだって4チームしかにない。半分以上のチームは明確な名誉から遠い位置にいる。

     常勝は、素晴らしい。それだけが勝負事の楽しみか。人生のあり方か。大変、大袈裟だが、そんなことまで思い至る佳作。それぞれの人にそれぞれの蹴球、それぞれの楽しみ。

    2010/03/04、購入、読了。

  • サッカー好きにはたまらない!
    なにより、グランパスくんのキャラがかわいすぎる。

  • エルゴラ掲載のサッカー漫画の単行本化。全編にサポーター目線の愛が感じられる。

    J1中心で08年09年分なんで我が愛するチームはチラ見せのみ、残念。

    表紙はいわゆる「オリジナル10」のマスコット。カバーの下が泣かせます〜

全3件中 1 - 3件を表示
ツイートする