軍事立国への野望

  • かもがわ出版
4.00
  • (0)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784780307863

作品紹介・あらすじ

戦争する国づくりへ民意に逆らって暴走する、極右政権の秘密がいま明かされる!全編書き下ろし。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 戦争遂行のための3要素とは戦略、制度、兵器体系という順番。
    軍事的な技術革新や特定勢力による兵器開発の推進の結果、ハードの開発、整備が先行し、国家れのレベルにおいては、それに引きずられる形でシステム(法律、制度)やソフト(戦略)が変化するということも起こる。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

同名著者複数。

1. 小森陽一(こもり よういち)
1967年、佐賀県生まれの小説家、漫画原作者、脚本家。大阪芸術大学芸術学部映像学科卒業後、東映助監督、テレビ製作会社勤務を経て作家に。原案を担当した『海猿』は後にテレビドラマ化、実写映画化。マンガ原作の代表として、『トッキュー!!』、『天神-TENJIN-』。小説家としては「天神シリーズ」、そして2018年10月映画化される『オズの世界』。

2. 小森陽一(こもり よういち)
1953年、東京都生まれの研究者。東京大学総合文化研究科(言語情報科学専攻)教授。専攻は近代日本文学、近代日本の言語態分析、現代日本の小説と批評。全国「九条の会」事務局長。北海道大学大学院文学研究科修士課程修了。成城大学文芸学部助教授、東京大学教養学部助教授を経て、現職。
主な著書に、『ことばの力 平和の力――近代日本文学と日本国憲法』(かもがわ出版)、『記憶せよ、抗議せよ、そして、生き延びよ 小森陽一対談集』(シネ・フロント社)、『あの出来事を憶えておこう 2008年からの憲法クロニクル』(新日本出版社)など。

小森陽一の作品

軍事立国への野望を本棚に登録しているひと

ツイートする