「LGBT」差別禁止の法制度って何だろう?

制作 : LGBT法連合会 
  • かもがわ出版
3.50
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784780308419

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • これタイトルで想(おも)いました!のですが…#LGBT 自体が?… #ヘイトスピーチ なのでは?…。抑(そもそも)Gのゲイは、女性でも強硬論者や天才にも強硬論者が多いので、ジェネシストの頭文字が“G”なので、ゲイに当て嵌(はま)りますよ。

    じゃぁぁぁ〜LGBTの皆様をなんて読むか?と言うと?…blender(ブレンダー‥ブレンドは混ざる!と言う意味なので、ブレンダーはブレンドの人格称(単語に言のみならず人魂(ひとだま)を注入するので)と言う単語)が該当する?のでは?。

    其(そ)れに地元の公共施設の張り紙に?…Q&Aも追加されてラグバクア(LGBTQA(Tは無音)と言う単語)があり、Qは自分の先天的な“性に違和感を持つも転換手術はおろか同性愛も拒絶する人々”です!し、Aに関してはAsexual(アセクシャル)と言って、先天的は物や精神面のみの性愛者なのに加えて後天性はパートナーや、実家の異性及び同性からのDVも加わる!ので、彼らをLGBTの皆様がQAを入れないのであれば?…一般の人々からのスピーチに加えてクライムと言う双方のヘイトを受けるのは?…と想います!。

    ので彼ら(上記のQA)を含めると読み方が厳しいのもあり?…ブレンダーと言う風にして名乗らせて戴いた!のですが…?…?。

全1件中 1 - 1件を表示
ツイートする