血圧心配症ですよ!

著者 :
  • 本の泉社
4.50
  • (8)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 35
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (143ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784780703979

作品紹介・あらすじ

いつから人々は、こんなにも自分の血圧を心配するようになったのでしょう。市役所やスーパーには血圧計が置かれるようになり、病院には薬を求める人が連日あとを絶たなくなりました。これは30年前にはなかった光景です。誰もが自分の血圧をいつも把握できるようになったぶん、その"結果"に一喜一憂して、振り回される人がとても増えました。あなたは、血圧を心配し過ぎてはいませんか。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 私の情報誌「しおのはなし」で4回にわたりとりあげさせていただきました。今や松本先生は週刊誌などで大活躍。もっともっと発言いただき、医療の常識を打ち破っていただきたいものです。

  • 薬を飲まない。笑う。食事。運動。大切なことはシンプルです。

  • 斎藤ひとりさんおすすめの一冊
    目から鱗の内容
    今までの常識が覆される
    両親にプレゼントしようと思います

  • 反対意見のお医者さんの話も聞きたいです。

  • 薬品メーカーの罠に・・・

  • キリンの血圧って300あるって知っていた?
    当然痩せている人と太っている人では血圧は違います。

    現役のお医者様が書いた凄く分かりやすい本です。

    これ1冊で随分健康管理が出来るかと思います。

    特に小さいお子さんをお持ちの方に読んで頂きたい!

    そして、高血圧、糖尿病あらゆる病気の方!

    また予備軍の方!

    必読です!

    大切な家族を守ってください。

    あの斉藤一人さん一押しの良書です。(*^^)v


    ありがとうございます。

    感謝してます。

    皆様に全ての良き事が雪崩のごとく起こります。(^^)/

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

サン松本クリニック院長、内科医、天風会講師
1943年生まれ。北海道大学医学部卒。浦和民主診療所所長、おおみや診療所所長等を歴任。現在、サン松本クリニック院長。なるべく薬を出さない安価な医療を心がけ、検診手術薬一辺倒の医療に警鐘を鳴らしている。駒場東邦高校在学時に中村天風の弟子となり、薫陶を受ける。以降、天風会講師としても活動。
著書に、「やっていはいけない高血圧治療」「かぜ薬は飲むな」(角川書店)、「高血圧はほっとくのが一番」「高血圧はやっぱりほっとくのが一番」(講談社)、「飲み方を変えれば漢方は効く」(本の泉社)、「中村天風を学ぶ」(河出書房)、「高血圧を自力で治す本」(マキノ出版)、「検診・手術・抗がん剤に頼らない癌の本」(あっぷる出版社)など多数。

「2020年 『強い人生をつくる 中村天風の言葉』 で使われていた紹介文から引用しています。」

松本光正の作品

ツイートする
×