小出裕章 核=原子力のこれから —生まれ故郷で語る

著者 :
  • 本の泉社
5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (120ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784780707267

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • このブックレットは、8月27日の市民集会「3・11原発震災以降を私たちはどう生きるか」から、小出裕章さんの講演を収録しました。
    中学生以上の方へ、学習用としても最適です。

全1件中 1 - 1件を表示

プロフィール

1949年、東京都生まれ。東北大学工学部原子核工学科卒業後、同大学院修了。1974年4月から2015年3月まで京都大学原子炉実験所助手・助教。一貫して「原子力をやめることに役に立つ研究」を行い、反原発運動の理論的支柱として活動してきた。著書に、『原発のウソ』(扶桑社新書、2011年)、『放射能汚染の現実を超えて』(河出書房新社、2011年)、『隠される原子力 核の真実』(創史社、2011年)など。

小出裕章 核=原子力のこれから —生まれ故郷で語るのその他の作品

小出裕章の作品

小出裕章 核=原子力のこれから —生まれ故郷で語るを本棚に登録しているひと

ツイートする