日本発! 世界を変えるエコ技術

著者 :
  • ポット出版
3.50
  • (0)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 30
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784780801613

作品紹介・あらすじ

次世代エネルギーのカギはここにある。

電気抵抗ゼロの超伝導直流送電!
オイルをつくる藻?
電気不要、砂漠で使える冷蔵庫!?

驚きのエコ技術のタネが、まさにいま、日本の研究者たちによって生み出されています。
地球の未来を左右するかもしれない、選りすぐりの最先端技術を一挙に紹介!

Webマガジン「WIRED VISION」の連載「エコ技術者に訊く」に、さらに解説を充実させて、専門知識がなくても楽しめるよう単行本化しました。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 請求記号・519/Ya
    資料ID・100059209

  • 処理施設の整ってない途上国では乾電池は深刻な影響を与える。現地で安価に作れて、しかも危険でない材料の電池でないといけない。
    カンボジアなどでは携帯は普及しているが電気のインフラが整っていない。

    Googleがカリフォルニアで建設中の太陽発電所に1億6800万ドルもの出資を行った。太陽熱で冷房。
    データセンターで消費される電力の半分は空調や電源などによるもの。電力の確保と消費電力の削減が今後のデータセンターの課題。

  • 和図書 519/Y26
    資料ID 20111035085

  •  震災復興本は、なんか出尽くしてしまって、教訓本、説教本のようなものしか、残っていないので、ここは観点を変えて、新技術の本を購入。

     山路さんはフリージャーナリストのよう。

     日本の最先端というか、まだ実用化されていない新技術の事例のルポ。

     おもしろいなと思った点。

    ①電池の主流のリチウム電池は、リチウムの産地がブラジルなど特定の国に限られ安全保障上問題があること、リサイクルができないことから、マグネシウム電池など新しい電池の開発が試みられていること。(第1章)

    ②ライフルのように重イオンビームでDNAをうちぬいて、年中さく桜とか塩害に強い稲とかを生み出していること。(第5章)

     生物学の進化はすごくて、鯖にまぐろを生ませる研究とか、読んでびっくりの研究もあり。

     塩害に強い稲は、東日本大震災で被害のあった農地で活用されているのかな。

    ③ジェットコースターの原理を活用したエコライドで、大江戸線などのミニ地下鉄の10分の1のコストを実現。(p184)

     経済産業省の補助で、東大の千葉センターに実験線までできている。

     環状の路線に適しているらしいので、大規模な高台移転などに使えるかもしれないな。

     そのほか、人工のくもの糸など、実用化されているものもあり、日本のイノベーション能力もまんざらでない気がしてきた。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1970年生まれ。雑誌編集者を経て、フリーの編集者・ライターとして独立。
ネットカルチャー・IT・環境系解説記事などで活動中。
binWord/blog
http://www.binword.com/blog/
Twitter
http://twitter.com/tats_y

著作
◎『ウェブログ☆スタート』(デジビン名義での共著、2003年、アスペクト)
◎『ウェブログのアイデア!─プロのライター&編集者が教える、ネタの集め方・読ませ方・見せ方のテクニック』(デジビン名義での共著、2005年、アスペクト)
◎『進化するケータイの科学─つながる仕組みから最新トレンドまでケータイを丸ごと理解する』(2007年、サイエンス・アイ新書)
◎『ポケット図解 グーグルを仕事で活用する本』(井上健語と共著、2007年、秀和システム)
◎『セカンドライフ日本語版ハンドブック─基本操作からオススメSIMまで、楽しさ100倍!』(田中拓也、リアクションと共著、2007年、サイエンス・アイ新書)
◎『弾言─成功する人生とバランスシートの使い方』(小飼弾と共著、2008年、アスペクト)
◎『決弾─最適解を見つける思考の技術』(小飼弾と共著、2009年、サイエンス・アイ新書)
◎『Gmail超仕事術─効率と生産性が飛躍的にアップする!』(田中拓也と共著、2009年、アスペクト)
◎『「超」情報検索・整理術 「整理しない」「覚えない」で効果抜群!』(2009年、ソフトバンク文庫)
◎『マグネシウム文明論』(矢部孝と共著、2009年、PHP新書)
◎『頭のいいiPhone「超」仕事術』(田中拓也と共著、2010年、青春出版社)
◎『Gmailクラウド活用術』(田中拓也と共著、2010年、アスペクト)
◎『電子書籍と出版─デジタル/ネットワーク化するメディア』(高島利行/仲俣暁生/橋本大也/植村八潮/星野渉/深沢英次/沢辺均と共著、2010年、ポット出版)
◎『頭のいいiPad「超」情報整理術』(田中拓也と共著、2010年、青春出版社)

「2011年 『【電子書籍版】日本発! 世界を変えるエコ技術』 で使われていた紹介文から引用しています。」

日本発! 世界を変えるエコ技術のその他の作品

山路達也の作品

ツイートする