詩の向こうで、僕らはそっと手をつなぐ。―萌詩アンソロジー

著者 :
制作 : 川口 晴美 
  • ふらんす堂
4.08
  • (3)
  • (7)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 59
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (78ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784781406053

作品紹介・あらすじ

きみを見たときから始った
ぼくの孤独に
世界は はげしく
破片ばかりを
投げ込もうとしていた。

(清岡卓行「思い出してはいけない」より)

◆解説「読むことは素敵な共犯者になること」より
言葉のなかで、連なる行の向こうで、「僕」と「きみ」は現実ではつなぐことがかなわなかったかもしれない手をこっそりとつなぐ。書き手と読み手は、異なるかもしれない場面を見ながら共犯者のように鼓動を重ねる。
詩は、そんな可能性を有しているのです。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • これは凄いなぁ!
    中也、藤村、啄木、朔太郎、寺山、白秋といった、
    いわゆる有名どころの詩人の詩をBLというくくりでアンソロジーにするだけで、
    こんなに新鮮になるものとは!
    妙にエロくなってて、思わずへらへら笑ってしまいました。

    あまり詩になじみのない人にも、
    もうそんな詩人知ってるし〜な人にもおすすめ。

  • 詩なんて今までほとんど意識したことも読んだこともなかったんですが、漫画の『月に吠えらんねえ』を読んでなんとなく興味が湧いてきたのでたまたま発見したこのアンソロジーを買ってみました。
    萌えるとかBLっぽいと言われればそういう風に読めば読めるし、普通の男女の恋愛にも読める。
    これを読んでみてもなかなかまだ詩の世界というのはよくわからないけど、『逃げ水』『しやうがない奴』『耳鳴りのうた』『秋の日』が強く印象に残った。
    こうしてみると私は死を感じさせる詩に反応しやすいのかもしれない。

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

10月1日生まれ。切ない片思い、ヒリヒリする痛みなど、丁寧な心理描写で、少女誌、女性誌、ボーイズラブ誌と幅広く活躍中の人気漫画家。
代表作に、『王子様と灰色の日々』『500年の営み』『王子と小鳥』『丸角屋の嫁とり』他多数。

山中ヒコの作品

詩の向こうで、僕らはそっと手をつなぐ。―萌詩アンソロジーを本棚に登録しているひと

ツイートする