光の庭

著者 :
  • ふらんす堂
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 3
感想 : 2
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (382ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784781410678

作品紹介・あらすじ

◆短歌日記シリーズの第8弾!

天よりの光を容れてみじろがず新なる白の山芍薬の花
(2017.04.15)

2017年にふらんす堂のホームページで連載されていた短歌日記が一冊に。

◆よくあちこちに出かけその旅の短歌も含んでいるが、日ごろは宮崎市の自宅で過しており、本書にも庭の植物たちがしばしば登場している。著者である私が余計なことを言えば、私の住む宮崎県自体が光の庭である。
(あとがきより)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 【書評】歌人・川野里子が読む『光の庭 短歌日記2017』伊藤一彦著 365日見える日常の輝き - 産経ニュース
    http://www.sankei.com/life/news/180715/lif1807150023-n1.html

    ふらんす堂のPR
    ◆短歌日記シリーズの第8弾!
    天よりの光を容れてみじろがず新なる白の山芍薬の花 (2017.04.15)
    2017年にふらんす堂のホームページで連載されていた短歌日記が一冊に。
    ◆よくあちこちに出かけその旅の短歌も含んでいるが、日ごろは宮崎市の自宅で過しており、本書にも庭の植物たちがしばしば登場している。著者である私が余計なことを言えば、私の住む宮崎県自体が光の庭である。(あとがきより)
    http://furansudo.ocnk.net/product/2429

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

昭和18年、宮崎市に生まれる。早稲田短歌会を経て、「心の花」に入会し、現在選者。
歌集に『海号の歌』(読売文学賞詩歌俳句賞)、『新月の蜜』(寺山修司短歌賞)、『微笑の空』(迢空賞)、『月の夜声』(斎藤茂吉短歌文学賞)、『待ち時間』(小野市詩歌文学賞)、また歌集『土と人と星』及び評論『若山牧水─その親和力を読む』により現代短歌大賞・毎日芸術賞・日本一行詩大賞を受賞。
若山牧水記念文学館館長。宮崎市に住む。

「2018年 『光の庭』 で使われていた紹介文から引用しています。」

伊藤一彦の作品

最近本棚に登録した人

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×