朝晩

著者 :
  • ふらんす堂
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 3
レビュー : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (210ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784781411835

作品紹介・あらすじ

◆第五句集
2012年以降の作品から360句を収録した第5句集。

句集名の『朝晩』は、文字通り朝と晩であるとともに、いつも、常々、日々の暮らしの中で、という意味合いが込められている。

◆自選一二句より
妻来たる一泊二日石蕗の花
雪降るや雪降る前のこと古し
葬送の鈸や太鼓や山笑ふ
夕空は宇宙の麓春祭
レタス買へば毎朝レタスわが四月
飯蛸やわが老い先に子の未来
松蝉の声古釘を抜くごとし
月涼し配管老いし雑居ビル
めらめらと氷にそそぐ梅酒かな
ひぐらしや木の家に死に石の墓

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 句集名の『朝晩』は、文字通り朝と晩であるとともに、いつも、常々、日々の暮らしの中で、という意味合いが込められているそうで、2012年以降の作品から360句を収録した第5句集。 第59回俳人協会賞を受賞された記事を読んで再読。(初読は去年の11月)

    新しい季語(新豆腐、新蕎麦は聞くけど、私が知らないだけ)を知りました。蟻めくという言葉はわかりません。妻、母、父、子の句が多い。

    私の中の2句、「白菜に水道の水かがやける」と「正月の仏壇小さき父の家」 。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

昭和36年 2月7日、千葉市生まれ
昭和59年 東京大学法学部卒業
昭和61年 「鷹」入会、藤田湘子に師事
平成11年 「鷹」編集長
平成17年 藤田湘子逝去により「鷹」主宰を継承

句集『近所』(第25回俳人協会新人賞)、『手帖』、『呼鈴』、『俳句日記2014 掌をかざす』。
著書『魅了する詩型 現代俳句私論』(第19回俳人協会評論新人賞)
『現代俳句の海図』、『シリーズ自句自解Ⅰ ベスト100 小川軽舟』
『藤田湘子の百句』、『ここが知りたい! 俳句入門 上達のための18か条』
『俳句と暮らす』

俳人協会評議員、毎日新聞俳壇選者

「2019年 『朝晩』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小川軽舟の作品

朝晩を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
ツイートする
×