火の匂ひ (第一句集シリーズ)

著者 :
  • ふらんす堂 (2019年7月24日発売)
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 1
レビュー : 0
  • Amazon.co.jp (70ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784781411842

作品紹介・あらすじ

◆第一句集シリーズ/I

流星や縄文土器の一欠片

「流星」もみな天からの恩恵。胸中にある産土の光景が作者の眼前の景となってあらわれるとき想念の花がひらく。信子俳句の真骨頂といえよう。
(序・藤本美和子)

◆自選十句
砂浴びの羽裏が白し雀の子
遠き日の火の匂ひせり雪女郎
歩み来し道失せにけり青嵐
人体のかくやはらかき芒種かな
榾の名を梅と聞きたる春炉かな
初夢のわが厨子王を探す旅
水を飲む一瞬昏し夏燕
流星や縄文土器の一欠片
ふくろふの鳴きたる月の欠けにけり
クリスマスキャロルアロエの千の棘

著者プロフィール

昭和23年2月 茨城県生まれ。
平成8 年 「泉」入会。
平成12年 「澤」入会、後、退会。
平成15年 「泉」再入会。
平成22年 「泉新人賞」受賞、24年「泉賞」受賞。
現在、「泉」同人、俳人協会会員。

「2019年 『火の匂ひ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

火の匂ひ (第一句集シリーズ)を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする
×