のぞいてごらん (こどもプレス)

著者 :
  • イースト・プレス
3.63
  • (9)
  • (10)
  • (16)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 102
レビュー : 16
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784781600888

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 図書館で借りてきた本。
    絵がかわいい。
    ページをめくるとどうなるか?
    って考えるのも楽しい。
    読み終えて、いっぱい動物が住んでる地球を守らないとって思えた。
    考えすぎたかな?

  • accototoさんの本としては初めてですが、(恐らく)ご夫婦の一人、ふくだとしおさん作の「ぼくをそだてて」もおもしろかったです。

    よくあるしかけ絵本、それもただ小さな円いのぞき穴が各ページについている、とそれだけの作りなのですが、絵がかわいらしく、めくった後前のページにいた子が今度はこちらからどのように見えるのか、というあたりの作画の構成も素晴らしく、印象に残る本でした。

    また、最後のページにそれまで出てきた全動物たちが名前入りで出てくるので、更にそのページで図鑑/動物探しをして二度楽しめました。

    ■絵本ナビのサイト("全ページ試し読み"へのリンクあり):
    http://www.ehonnavi.net/ehon/26836/%E3%81%AE%E3%81%9E%E3%81%84%E3%81%A6%E3%81%94%E3%82%89%E3%82%93/

  • タオルのイラストが気に入ってたaccototoの絵本。
    途中からなんとなく無理がある文章になるのですが(笑、
    娘は覗ける穴が気に入って、男の子の顔に指を突き刺し、虫やクマの顔に指を突き刺し、して楽しんでいます。
    1歳で購入。

  • ワタシが子供に買った初めての絵本。何を選ぶかは案外難しい。子供の気持ちになって考えても、乳幼児の頃なんて覚えてないからね。でも絵がキレイでハッキリしていること、流れるような文章、ドラマ性がやはり選びどころ。うちの息子は8ヶ月だけど、けっこう食い入るように見てる。もう一つのお気に入りの「ぴょーん」とは又違った反応だ。草むらに居るたくさんの虫や空に飛ぶたくさんの鳥など、絵が複雑だからだろう。また。読む時は文章を声色を変えて読んだり、付け足したりして1冊読むのに10分は掛ける、そしてまた繰り返し読む、3回程。それでも子供は喜んで真新しい気持ちで絵本に臨む。そして予定調和に喜ぶ。大人と違った本の楽しみ方をする。

  • ちょっとした仕掛けがあって、子供心をくすぐります。楽しい絵本。

著者プロフィール

ふくだとしお“toto”と、ふくだあきこ”acco”でaccototo(アッコトト)。二女一男の父と母。絵本、イラスト、壁画などを夫婦で制作している。おもな絵本作品に、「うしろにいるのだあれ」シリーズや『ぎょうれついろいろ』(ともに幻冬舎)、『ポポくんのミックスジュース』などの「ポポくん」シリーズ(PHP)、『だれのあしあと』(大日本図書)、『あるこう あるこう あるこうよ』(教育画劇)、『のぞいてごらん』などの「ごらん」シリーズ(イースト・プレス)がある。http://www.accototo.net

「2019年 『そんなに みないで くださいな』 で使われていた紹介文から引用しています。」

のぞいてごらん (こどもプレス)のその他の作品

accototoの作品

ツイートする