うちゅうたまご (こどもプレス)

著者 :
  • イースト・プレス
3.77
  • (16)
  • (19)
  • (24)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 182
レビュー : 17
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784781600901

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 大好きな色!いろ!いろ!色の世界!色の宇宙!両手をいっぱい、い〜っぱい広げて目の前にいろいろの世界、いっぱい描いて楽しんじゃいたい!

    そんなエネルギーに溢れてました〜

  • 荒井さん天才

  • 勢い!これに尽きる気もしますが、荒井良二さんの場合、その勢いが、大人にも子どもにも伝わる気がするから不思議。きっと、素直なんだろうなぁ。

  • [江戸川区図書館]

    ちょっと他にない一冊です。
    かわいい絵柄、どんな話?と思いきや…作者が壁面(?)一杯に指で描いたうちゅうたまご(?)の絵、絵、絵…きっと読み解けば色々な意味があるのかもしれないけれど、ほとんどのぺーじに「うちゅうたまご」、「かあさんたまご」、「あたたかい色」、などの言葉で、ストーリーとも、何か伝えたい言葉とも読み解けない。ただ、絵の雰囲気と描くスケールから、きっと人類、地球、宇宙全体規模での友愛とか平和とか、そういったことを意識した作品なのかなぁと思いました。

  • 大好きな荒井さんの絵本。図書館で借りました。今回も素敵^^

  • とてもカラフルです。
    目を引く色使い。
    ストーリーは。。。あまり印象に残らず。

  • 宇宙に黄色の卵が出来て、それを鶏みたいなお母さんが包んでいる。
    卵のなかにはいろいろな生き物や建物が出来て地球になっている。
    お母さんにくるまれていると温かい。

    表紙もタイトルも魅力的なのだけれど、よさが分からなかった。

    こういうぐちゃぐちゃに描いた絵って見ていると不安になってくる。

    幼児の喋りのような拙い言葉が受け付けられない…。

  • もちょっと黄色が欲しかったかな????
    と思うページもあるけど、
    相変わらず可愛らしくてあったかくなる絵と文字とお話!!

    あったかいね
    きもちいいね

    たまごみたいにコロンと優しい気持ちになるよ。

  • 正直何が面白いのか良く分からないのだが、息子が嬉しそうに何度も持ってきた絵本。
    時には上の娘と爆笑!!
    何度も読み返す内にこちらも楽しくなってきた。

    荒井良二の作品は息子が気に入ることが多い。

  • 絵から温かいパワーを貰いました。
    見て、元気をもらう絵本だとおもいました。

全17件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

絵本作家

「2019年 『まよなかのくしゃみたいかい』 で使われていた紹介文から引用しています。」

荒井良二の作品

ツイートする