あなたに赤い花を (アズ・ノベルズ)

著者 :
制作 : 丸木 文華 
  • イースト・プレス
3.39
  • (4)
  • (8)
  • (16)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 80
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (242ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784781601373

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • うーん微妙。丸木せんせのサイコな執着攻め、すきなんですが、これはちょっと受けに魅力がなさすぎたし、サスペンスドラマもちょっと古くさいというか、安っぽく感じた。

  • ★4.0。その後が見たいー!最初は真性DQNのクズにしか見えなかった受が、いつの間にか薔薇の似合う高潔なフェロモン受に見えるようになっていた。残忍で狡猾なボス猿の渡辺が受にだけは執着し、汚れた自分を見せず犯罪から遠ざけて守っていたというのがたまらなく萌える。攻より萌える(笑)渡辺とのエロシーンの省略にはガッカリorz 攻に受を略奪された後の荒れ狂う渡辺が見たかった。受を逃がすまいと二人をどこまでも追い詰める渡辺大活躍の続編をぜひ!

  • 所在:自宅マンション

  • 丸木文華はなにを読んでも丸き文華なので安心します

  • 私の中での丸木度(おお、サド侯爵みたいじゃないか)はちょい低め、でも面白かった。

    <a href="http://santero30.blog41.fc2.com/blog-entry-154.html" target="_blank">自ブログでの感想</a>

  • 相変わらず気持ち悪い攻めかくなぁと思います。褒めてます。でも、渡辺さんのが個人的には好きな攻めだったので、あの人とのシーンが省かれてて残念です。これは続きがあるのかな? あるならゼヒ渡辺さんにがんばっていただきたい。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

埼玉県出身。BL、乙女小説、ゲームシナリオを中心にジャンルを跨いで幅広く活動中。近刊は、『カスミとオボロ 大正百鬼夜行物語』 (集英社オレンジ文庫) など。

「2018年 『ヤクザに惚れられました~フェロモン探偵つくづく受難の日々~』 で使われていた紹介文から引用しています。」

あなたに赤い花を (アズ・ノベルズ)のその他の作品

丸木文華の作品

ツイートする