図解 犯罪心理がよくわかる本

  • イースト・プレス
3.40
  • (1)
  • (0)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784781601762

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 自我の脆い人ほど攻撃的であると言える。人間はもともと攻撃性を持つ動物。攻撃ホルモン、テストステロンの働きは本能的欲求を活性化し、攻撃行動を起こさせる。テストステロンって雄のもんじゃん?って面白いことを知った。積極性と攻撃性はコインの裏表。なくなっちゃったらそれはそれで困る物なんだが。法体系を代表する、高度な社会・文化システムを築き上げ、この人間のこの攻撃性を法でなんとか規制してコントロールさせているのが現状だが、はみ出す奴が後を絶たないのはなぜだ?

  • 心を生み出しているのは脳らしい。

  • 最近、自尊心などの人間の普通で普遍的な欲求が満たされないがゆえに異常になってしまうというアイロニカルな点においてとても惹かれて、人格障害や精神疾患に興味を持ってます。その流れで犯罪者に興味がでて、買ってもらって読みました。

    Wikipediaなどから得られる知識とはまた別のアングルから見ると、視点が増えて理解が深まる。少年犯罪にページが割かれていたけれど、連続殺人犯に興味があるので、そっちのページが多いと個人的に嬉しかったです。

全3件中 1 - 3件を表示

古村龍也の作品

ツイートする