ねこはなんでもしっている (こどもプレス)

著者 :
  • イースト・プレス
3.62
  • (4)
  • (6)
  • (10)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 62
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784781601847

作品紹介・あらすじ

オレはこのまちにすむねこ。まちのことならなんでもしっているんだ。デビュー作『うみのいえのなつやすみ』も大好評の青山友美による、港のある町にすむ猫と迷い犬との1日のふれあいを描いた1冊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 街を偵察するのら猫…出会う人からは 色んな名前で呼ばれ、親しまれているなぁ♪

  • 猫が主役なので犬が情けない役回り。題名の通りだから仕方ないwせいじろうの頼もしさが光る。
    本当に波音が聞こえてきそうな夜の海辺の頁が好き。

  • 26年度3年  ⑫3年  ⑫

  • 「このまち」にすむ猫の一日。
    いろんな人にいろんな名前で呼ばれるけど、本当の名前は「せいじろう」。
    自由にたくましく生きる猫くんが、なんとも好ましい。
    時代設定が、多少、昔かな?
    こんな風に猫が生きられるゆったりした街は、羨ましい。
    表紙の猫くんの絵が迫力満点。

  • 俺はこの町のことをなんでもしっているんだと自慢げな様子の猫の姿がとてもほほえましい絵本。

  • 町の隅々まで知っているネコ

  • 2011年12月30日

    ブックデザイン/沼田美奈子

  • 6分30秒。元気おきにいり。挿し絵の視点が多彩。色彩がはっきりしていてよみきかせにもよい。

全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1974年、兵庫県生まれ。大阪デザイナー専門学校編集デザイン科絵本コース卒業。メリーゴーランドの絵本塾で学ぶ。主な絵本に『狂言えほん しどうほうがく』(文・もとしたいづみ、講談社)、『うみのいえのなつやすみ』(偕成社)、『ぼくのしんせき』(岩崎書店)、『ねこはなんでもしっている』(イーストプレス)、『たかこ』(文・清水真裕、童心社)、『せつぶんのひのおにいっか』(講談社)などがある。

「2018年 『よるのわがしやさん』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ねこはなんでもしっている (こどもプレス)のその他の作品

青山友美の作品

ねこはなんでもしっている (こどもプレス)に関連するまとめ

ツイートする