内藤忍式10万円から始める「お金の育て方」講座

著者 :
  • イースト・プレス
3.67
  • (4)
  • (7)
  • (9)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 54
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (123ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784781602585

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 初心者向けによい。

  • 初心者向け。著者の他の本を読む前に予習で読めば丁度良いかも。

  • 超入門用

  • 投資は目的ではなく、目標達成のための手段であるという考えの元、
    長期分散投資による、長いスパンでみたリターンを目指す事を勧めている。

    最近投資を始めた自分にとって、「何を買うか」より「どんな配分にするか」というのはまさにその通りだと思えた。
    また、具体的な商品の説明と資産運用の例が解説されており、とても分かりやすかった。

  • この本に出会い、自分なりにアセットアロケーションを考え、分散投資するようになってから、少しずつ投資結果が良くなってきました。
    投資を始める際には必ず読んでほしい1冊です。

  • 人生設計には必要な内容だと思う。

  • 2010.2.21

    今年はお金コンシャス(?)になる!!ということで、またもや内藤さんの本を。『内藤忍式 10万円から始める「お金の育て方」講座』です。
    内藤さんの本を読むのはもう3冊目だか4冊目なんで、だいたい覚えました(笑)
    長期投資、分散投資、ノーロードのインデックスの投資信託、年に4回の見直し、ですね。

    この本は具体的なのがよかった。よく見るETFというのは、株式と投資信託の「いいとこどり」商品なんですって。
    メリットは信託報酬が安いこと、デメリットは定額積立ができないことと、売買手数料がかかること。
    なので、投資信託を毎月1万円ずつ積み立てていって、積立金額がまとまったら売却してその資金でETFを買うというのをすすめられています。なるほどー。

  • 初心者にわかりやすく、基本が簡単丁寧。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

1964年生まれ。東京大学経済学部卒、マサチューセッツ工科大学(MIT)経営大学院(スローン・スクール・オブ・マネジメント)修士課程卒(MBA)。大手信託銀行、外資系資産運用会社勤務を経て、1999年にマネックス証券株式会社の創業に参加。同社は、東証一部上場企業となる。その後、マネックス・オルタナティブ・インベストメンツ株式会社代表取締役社長、株式会社マネックス・ユニバーシティ代表取締役社長などを経て、株式会社資産デザイン研究所を設立し、代表取締役社長就任。一般社団法人海外資産運用教育協会の代表理事も務める。

「2018年 『絶対に損をしたくない人のための仮想通貨投資入門』 で使われていた紹介文から引用しています。」

内藤忍の作品

ツイートする