五輪書 (まんがで読破)

  • イースト・プレス
3.44
  • (6)
  • (14)
  • (21)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 163
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・マンガ (181ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784781602745

作品紹介・あらすじ

青年期に各地を巡り、60数回に及ぶ真剣勝負に勝ち続けた剣豪・宮本武蔵が記した『五輪書』には武芸や剣術だけに限らず、己の道に果敢に生きる者へ成功と利益をもたらす知恵が詰まっている。これまでの兵法書とは一線を画し、現在もビジネス・スポーツなどあらゆる分野の指導書として活用され、海外にも翻訳された武道哲学書を漫画化。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • Amazonで安かったので。

    バガボンドのような苦悩があってのこの境地だとすると、感慨深い。
    水のように、は1つの生涯のテーマだったのかな。

  • まんがで読破を読破するシリーズ。
    剣豪宮本武蔵が記した武道哲学書。地、水、火、風、空それぞれの書からなる。
    自らの持てるものを最大限活用し、心身ともに柔軟にっていうのがエッセンスかな。
    確かに、ビジネス書にも引用されそうだ。

  • 持ち時間も限られてきているが、持ち前の怠惰と極度の眠気が災いしているので、主には「まんがで読破」を頼りに、安直だがせめて古典名作の片鱗でも紐解くことを心がけている。

    宮本武蔵の「五輪書」を見ていたら、その流れで辞世の書と言われる「独行道(どっこどう)」に行き当たった。

    この書を執筆した1週間後享年62歳!(年下だ)で世を去ったとあるが、武蔵の処世訓21ヶ条のうち「住む所、美食、骨董の類と、過分な贅沢品や財産は持たない(持てない)」以外、なんも体得出来ていない現実に、深く落ち込む羽目となる。
    皆さんは如何?

    世々の道をそむく事なし (それぞれの道に背かない)
    身にたのしみをたくまず (自分自身の快楽を追い求めない)
    よろづに依枯 (えこ) の心なし (あらゆる面で頼り切る気持ちを持たない)
    身をあさく思、世をふかく思ふ (自分のことより世の中のことを深く考える)
    一生の間よくしん (欲心) 思わず (なにごとにも執着心を持たない)
    我事におゐて後悔をせず (自分で為したことについて後悔することはしない)
    善惡に他をねたむ心なし (善いことも悪いことも他人に嫉妬心をもたない)
    いつれの道にも、わかれをかなしまず (どんな場合でも別れを悲しまない)
    自他共にうらみかこつ心なし (自分にも他人にも不平不満を持たない)
    れんぼ (恋慕) の道思ひよるこゝろなし (恋愛感情でゆく道に影響されない)
    物毎にすき (数寄) このむ事なし (それぞれに好き嫌いを持たない)
    私宅におゐてのぞむ心なし (住む場所に贅沢しない)
    身ひとつに美食をこのまず (美食家にならない)
    末々代物 (しろもの) なる古き道具を所持せず (骨董の類を持たない)
    わが身にいたり物いみする事なし (自分に関わる迷信を信じない)
    兵具は格別、よ (余) の道具たしなまず (武具は別として余計なものを持たない)
    道におゐては、死をいとわず思ふ (我が道において死を恐れない)
    老身に財寳 (宝) 所領もちゆる心なし (過分な贅沢品や財産は持たない)
    佛神は貴し、佛神をたのまず (神仏は敬うが神仏を頼りとはしない)
    身を捨ても名利はすてず (死を賭しても向上心を失わない)
    常に兵法の道をはなれず (常に武士道を離れない)

  • 大工の棟梁や船頭の仕事に重ねて語る
    水のように自在に動く
    硬直してはダメ

    マンガなので剣の構えや打ち方
    戦いでの動き方などが分かりやすい

    自分が有利になるように
    場所取りし、敵が不利なほど容赦しない
    相手を叩くときは徹底的に、底を抜くまで叩く

    巌流島や吉岡一門の話は出てこない

    ちょっと空理空論ぽいところも

  • 母が読んでいて、おもしろそうだったので図書館で借りることに。

    宮本武蔵が無敗の剣術の達人だとは知っていましたが、
    ただ単に強かったのが拡大解釈されていただけかと思っていたが、
    この五輪書の内容を読むと納得。
    彼は、常日頃から決闘への鍛錬を怠っておらず、
    心技体全てにおいて他の武将の上をいっていたのでしょう。

    今の数あるビジネス書・実用書を既に500年も前に先を言っていたとは・・
    特に道具(当時でいう、剣や弓を指していると思うが)を必要以上に持ちすぎることは、不足しているのと同じこと、と唱っている点。
    ドキリとする。
    スマホ、タブレット、携帯・・・この何でもあって個人が何にでも支配されているような現代は自分も危惧しているが、全く真を突かれた気がした。
    おそるべし。

    バカボンド読んでみようかしら。

    【ココメモポイント】
    ・①地の巻
     ②水の巻
     ③火の巻
     ④風の巻
     ⑤空の巻

    ・まず勝つために万事の備えること
     P.33

    ・武蔵は道具に慣れろとは言っていますが、道具自体に気をとられるなとも言っています
     P.46

    ・必要以上に持ちすぎるのは、不足するのと同じことである
     P.50

    ・人の上に立つ監督者たる人物は、人の適正と能力を最大限に活かせるように心がけよと教えています
     P.56

    ・ただ「斬る」という目的のためにもっとも振りやすい位置に太刀をおくことこそが、構えそのものである。
     有構無構ー構えは有って、構えは無い
     P.87

    ・武蔵は千日の稽古を「鍛」といい 万日の稽古を「練」といいます
     P.116

    ・掲げている目標が、本人にとって絶対でない限り、
     目標達成への具体的な手段は自分の中からでてこない
     P.173

    ・己のすべてに少しもくもりがなく、一切の迷いの雲が晴れ渡ったときこそ、正しい「空」である
     P.190

  • 2013/11/10 読了
    合理主義、実利主義に重きを置いた宮本武蔵の五輪書マンガ版。大枠をつかむには十分。

  • まともに読もうとすると大変な五輪の書であるが、概要をつかむにはこれでもう十分。そしてその概要だけで、実に重要なこと、今の時代にも関係することがちゃんと書かれていることが良く分かる。

  • 読んでみて驚きました。

    精神論ではなく、かなりの合理主義。
    具体的に論理的に、「勝負の勝ち方」を追究した本でした。
    現在のビジネスでも使える、という話、うなづけます。

    特に、姿勢について大変具体的に書いてあり、勉強になります。

    僕は自分で姿勢が悪いと思っているので、
    どこをどう意識して変えていかないといけないか、
    ハッキリ書かれていたのは、本当にありがたかったです。
    マンガだと絵も添えられていて、さらにわかりやすいです。

    「勝負」というのは他人との勝負だけでなく、
    「昨日の自分に今日は勝つ」とか「自分の弱い心に勝つ」という、
    自分との勝負というものもあります。

    それも含めると、生きるということは、常に戦うということなのかもしれません。

    徹底して勝つことを追究し、生涯一度も負けなかった宮本武蔵。
    その哲学や鍛練法を今の時代の僕らが知ることができるのは、
    とてもラッキーなことではないでしょうか。

  •  五輪書のさわりを解説してくれており、男の哲学を感じることができます。

  • 一応読んだ。前半の三つに対するページと残り二つのページの比率がヤバイ

全14件中 1 - 10件を表示

五輪書 (まんがで読破)のその他の作品

宮本武蔵の作品

五輪書 (まんがで読破)を本棚に登録しているひと

ツイートする