ニーチェ道をひらく言葉 (智恵の贈り物)

著者 :
制作 : 野田 恭子 
  • イースト・プレス
3.45
  • (5)
  • (6)
  • (3)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 65
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (228ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784781603902

作品紹介・あらすじ

これがニーチェ哲学の真打ち。善も悪も乗り越えた、すべてのエッセンスがこの一冊に。強く生きるための教え228。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • よくまとまっており、超訳よりこちらの方が良い

  • 野中郁次郎『経営は哲学なり』では、ニーチェの「神は死んだ」という名言に言及。

  • 帰りの電車の中で一読できました。
    それから心に引っかかった言葉を
    再読します。

    「音楽の中では情熱が楽しんでいる」

    「しあわせをうみだす小さなもの。
    もっとも小さく、やさしく、軽いもの
    とかげがかさこそと動く音、息、そよ風
    ちらりと投げかけられた視線ーそういう小さな
    ものこそ、まぎれもなく最高のしあわせを
    生みだす。それも、ごくしずかに」

    声に出してみると好い感じ。

  • ふむふむ

    私の道は
    そこまではひらかなかった

    けれど
    それはもう
    「気づき」に
    気付いていたから

  • 同じようなニーチェの本があることを考えると、二番煎じは否めない

  • 短文ですが奥が深いです。
    再読したい本

  • ニーチェの著作から名言や教訓を抜き出し、それらを集めた一冊。
    「こんな考え方があったのか…」と驚かされることで、硬くなった我々の人生観は砕かれます。
    誰かが引いた線路の上を歩く人をニーチェは軽蔑しています。
    ですから残念なことか、彼は線路を引きません。
    ニーチェの意見からあなたなりの思想を生み出していくのです。

  • 軽く読み飛ばした。
    ニーチェの言葉、悩んだ時にためになりそうだが、他の訳本も読んでみて、いいものを探そうと思う。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

フリードリヒ・ヴィルヘルム・ニーチェ(Friedrich Wilhelm Nietzsche)
1844年10月15日 - 1900年8月25日
ドイツの哲学者、古典文献学者。近代がはらむ問題を一新に受け止め、古代以来の哲学との対決に挑み、実存主義の先駆者、生の哲学の哲学者として知られる。その思想は20世紀に続く様々な思想に衝撃と影響を与えた。
代表作に『悲劇の誕生』『道徳の系譜』『ツァラトゥストラはこう言った』『善悪の彼岸』など。

ニーチェ道をひらく言葉 (智恵の贈り物)のその他の作品

ニーチェの作品

ニーチェ道をひらく言葉 (智恵の贈り物)を本棚に登録しているひと

ツイートする