かめだらけおうこく (こどもプレス)

著者 :
  • イースト・プレス
3.92
  • (5)
  • (13)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 65
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784781604039

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • いいなあ

  • 2012年8月26日

    ブックデザイン/堀内森平

  • 昔々浦島太郎は子どもらから亀を助けて、竜宮城へ。そして現在、猫から亀を救ったきいちゃんが案内されたのは「かめだらけおうこく」
    いりぐちがめの口から入る不思議な世界へ、読者もすいこまれていく物語。見返しの亀の種類チェックもお忘れなく♪私もせんすいがめの抜け殻が欲しい。

    のほほんとした絵で一風変わったファンタジーをみせてくれるやぎたみこさん。この絵本が出版された時、神保町の個展に足を運んだ。原画はもちろんラフから資料、立体まであって、やぎたみこワールドにも吸い込まれていったよ。

  • カブトムシも、桜の木も、亀化。

  • ホントにかめだらけで、子供は各ページでいろんなかめを見つけ出すことに夢中になってた!?徹底ぶりが楽しい♪

  • タイトルでまずノックアウト。読まずにはいられません。
    最初こそ、カメさんを助けるあの昔話になぞらえてあるけれど、お礼に連れてってもらう王国はそれこそ何から何までかめだらけ!
    家族もご一緒に、な辺りがまたステキなのです。
    行きたいわ。かめだらけおうこく。

  • 生き物以外にも森・山・海等々、大切にしなければいけないことを自覚させてくれる。
    子どもたちは楽しんで読んでくれたが、しかし「カメだらけの世界」はちょっと・・・辛いかも。

  • ネコにいじめられていたカメを助けたきいちゃん。お礼にかめだらけおうこくへ連れて行ってもらいました。
    いろんなカメたち。このイラスト。なかなかのもんです。

  • ねこにつかまったかめを助けた男の子が、お礼にかめだらけおうこくに連れていってもらったお話。
    おとうさん、おかあさん、おねえちゃんときいくんは、美しい景色が広がる王国で、夢のような一日を過ごしました。
    はなさきがめ、みのりのきがめ、みずためがめ、みどりのきがめ、わたぐもがめなどユニークなかめさんだらけの王国。
    きいちゃんたちは、そらとびがめにのって空を飛んだり、せんすいがめのぬけがらスーツをきて海の中を散歩したりします。
    夕日のおうさまがめと温泉につかったり。
    まんげつがめが夜空に登り、きらぼしがめがきらめいていました。

    お疲れさんを癒してくれます。

  • ねこに捕まっていたカメを助けてあげたきいちゃん。すると、そのカメがとつぜん喋り出して、お礼に竜宮城…ではなく、「かめだらけおうこく」に連れていってくれると言います。夜中、そのカメが迎えに来るのを待っていると…

    ともかくカメ、カメ、カメ!の絵本。それもそんじょそこらの普通のカメではありません。それは見てのお楽しみですが、カメたち1匹1匹が細かく書きこまれていて、絵の楽しさもあります。あの昔話がおそらくモチーフなんでしょうが(今はあの昔話を知らない子も結構いる)、昔話に無い楽しさを味わえる絵本。

全13件中 1 - 10件を表示

プロフィール

兵庫県生まれ。武蔵野美術短期大学卒。第27回講談社えほん新人賞佳作を受賞後、『くうたん』(講談社)でデビュー。絵本に『おはぎちゃん』「ほげちゃん」シリーズ(偕成社)、『おにころちゃんとりゅうのはな』(岩崎書店)、『おにぎりがしま』(ブロンズ新社)、『ヘルシーせんたい ダイズレンジャー』(講談社)などがある

やぎたみこの作品

ツイートする