竜の学校は山の上 九井諒子作品集

著者 :
  • イースト・プレス
4.31
  • (386)
  • (326)
  • (109)
  • (10)
  • (1)
本棚登録 : 2455
レビュー : 218
  • Amazon.co.jp ・マンガ (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784781605456

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 独特の世界観に引き込まれる。
    日本昔話のようなストーリーがあったかと思えば、日常の中にちょっと不思議な存在(羽のある人間やケンタウルス)がいるお話だったりと様々なショートショートを楽しめる。
    個人的にはもっとがっつり長編も読んでみたい。
    本作では『代紺山の嫁探し』が一番好きだった。

  • 現在何度目かの読み直し中。

    帰郷
      魔王を倒した後の勇者の話

    魔王
      吟遊詩人が語る魔王の話

    魔王城問題
      王女が勇者に告げる言葉 「平和ではなく希望」

    支配
      製造機が魔王

    代紺山の嫁探し
      花姫もいいな。

    現代神話
      この馬人の奥さんいいなあ。

    進学天使
      分かれ道、どちらかしか選べない。

    竜の学校は山の上
      表題作。不要なもの→これから役に立つかもしれないもの。

    くず
      働きアリの半分は。

    金食い虫くん

  • 引っかかった才能が本物だったことへの快感

  • 完。9篇の短編集。

  • RPGのその後とか、この現実のありえただろうもういくつかの世界を描いているような、人間味を感じる描写。
    キャラクターが実に物語的に動くので違和感を感じさせないのかもしれない。

  •  面白い……! カワイイのや哀しいのや切ないのや……どの話もしみじみといい話。

  • 漫画の面白さのすべてが凝縮されている。
    普段漫画を読まない人にもおすすめ。

  • 考えさせるファンタジー。
    RPGで魔王を倒したその後の世界、勇者への扱いなんて考えたこと無かった!てことで魔王城問題が好き。
    後ろの方に進むほど古い作品なのかな?画風が変化してる。

  • 「西には竜がいた」というファンタジーWebコミックを更新されていた九井諒子さんの作品、という事で、一も二もなく飛びついた。(「西には竜がいた」もそのうち単行本にして欲しい。Webだからこそ出来た形態ではあったのだが)
    手元に置いておきたくなる美しい装幀。
    話によって作風を変える器用さも持ち合わせているが、ひと目で九井さんの絵だ、と分かる。
    絵も話も、整っているような、混沌としているような作風に、なんとなく山田章博氏を思い出すのだが、褒め過ぎだろうか。

  • 本体表紙:おまけ4コマ漫画。

全218件中 91 - 100件を表示

竜の学校は山の上 九井諒子作品集のその他の作品

竜の学校は山の上 Kindle版 竜の学校は山の上 九井諒子

九井諒子の作品

ツイートする