竜の学校は山の上 九井諒子作品集

著者 :
  • イースト・プレス
4.31
  • (386)
  • (326)
  • (109)
  • (10)
  • (1)
本棚登録 : 2457
レビュー : 218
  • Amazon.co.jp ・マンガ (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784781605456

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 丸井鯨子さんの作品は・・・「ひきだしにテラリウム(2013)」、「九井諒子作品集 竜のかわいい七つの子(2012)」に続き・・・ 『竜の学校は山の上 九井諒子作品集(2011)』 ”進学天使”が切なくてよかったなー。

  • この作者はほんとに竜が好きですね。
    他の作品集に比べて描き込みが少なくてさみしいところが多いですが、
    十分楽しめる一冊かと思います。
    私は嫁さがしの話が一番好きです。

  • ファンタジーでありながら、シリアス。「ダンジョン飯面白かったから他の作品も読んでみよー!」ってノリで読み始めたので面食らった。現実の社会問題にも通じるものがあると思う。

    人の数だけ善悪があって、好き嫌いがあって、そして損得がある。

    どの短編も、最後に救いを残してくれていたので読後感は穏やか。

    私は特に勇者と魔王に関する前半のお話が好き。勇者と、魔王の妻になった王女が特別印象に残ったなぁ。2人は、どんな選択肢を選んでいれば良かったのかなぁ。

  • RPGに浸かっていた身分にはとても心地よい作品。魔物と、感情移入しやすい行動に従うキャラクター達が物語に引き込んでくれる。いつまでも浸っていたい世界。

  • ずっと気になっていた作品。
    買って良かった。

  • 蜀崎ェュ縲ゅ←繧後b蜻ウ繧上>豺ア縺?s縺?縺代←縲√?檎樟莉」逾櫁ゥア縲阪?鬥ャ莠コ縺ィ迪ソ莠コ縺ョ縺ゅl縺薙l繧誰HK縺ァ繧?▲縺ヲ縺滓弌譁ー荳?縺ョ繧「繝九Γ縺ソ縺溘>縺ェ諢溘§縺ァ蜍輔°縺励※谺イ縺励>縺ェ縲ゅ≠縺ィ縲∬。ィ鬘御ス懊〒繧ゅ≠繧九?檎ォ懊?蟄ヲ譬。縺ッ螻ア縺ョ荳翫?阪?菴募コヲ隱ュ繧薙〒繧り憶縺??ゅ■繧?≧縺ゥ濶ッ縺?&縺ウ縺励&縺ォ貅「繧後※縺?k縲

  • 星新一のショートショートを読んだような、不思議な気分が残るファンタジー短編集。

  • 代紺山の嫁探し、現代神話(馬人・猿人の話)、が好き。

    進学天使は終わり方が哀しくて好き。

  • 一言で言い表わせない面白さ。何か不思議で、非現実的なのに実際ありそう。神様を娶る話、普通はあれでめでたしめでたし、欲張りのお父さんは…な話かと思うけど、なぜお父さんが、というラストシーンが絶妙。

  • ファンタジーと現実社会が融合して独自の世界観が展開されてて面白い。

全218件中 1 - 10件を表示

竜の学校は山の上 九井諒子作品集のその他の作品

竜の学校は山の上 Kindle版 竜の学校は山の上 九井諒子

九井諒子の作品

竜の学校は山の上 九井諒子作品集を本棚に登録しているひと

ツイートする