竜の学校は山の上 九井諒子作品集

著者 :
  • イースト・プレス
4.31
  • (386)
  • (326)
  • (109)
  • (10)
  • (1)
本棚登録 : 2455
レビュー : 218
  • Amazon.co.jp ・マンガ (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784781605456

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • もし竜の飼育や活用を学ぶ大学があったらとか、魔王が倒されたあと魔王城はどうなるのかとか、ケンタウロスが普通にいたらとか、ファンタジーと現実が地続きになった世界の日常を描いた短編集。

    ケンタウロスや竜との生活や神との結婚など、ファンタジーRPGが好きな人なら慣れ親しんた素材で、楽しみ易いのではないかと思う。最近はあまり好みでもないが、ドラクエやFFで育った自分にとっても、入って行きやすい題材で興味を惹かれ、年間ベストにあげている人もいたので読んでみた。

    が、ファンタジーと現実をつなぎあわせる手つきの丁寧さに比べて、描かれる物語はいささか類型的で面白みを感じられなかった。せっかく世界が広がっていきそうな語りなのに、どこまで読み進んでも既視感しかなかった。もう一歩先まで見せて欲しかったというのが率直な感想。

  • テーマおもしろい

  • マンションで読む。正直、相性がよくない。どこがいいのか全く分からない。これは、著者の問題ではなく、読み手である僕の好みの問題です。

  • 最近よくあるファンタジー日常もの<br /><br />ケンタウロスが家にいたら、とか古風なRPGっぽいファンタジーを日常に持ち込む感じの思考実験的な作品群。<br /><br />全然面白さがわからない。<br />RPGファンには響くのかなー。<br /><br />発想は陳腐だし、キャラも普通。<br />絵はうまいけど、これ以上読みたいと思えない。<br /><br />才能としては前時代的なのでは?

竜の学校は山の上 九井諒子作品集のその他の作品

竜の学校は山の上 Kindle版 竜の学校は山の上 九井諒子

九井諒子の作品

ツイートする