店長のためのやさしい〈ドラッカー講座〉―もし、ドラッカーがあなたの会社の社長になったら (East Press Business)

著者 :
  • イースト・プレス
3.89
  • (5)
  • (6)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 73
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (245ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784781605869

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2016/10/8

  • =商品やサービス業を提供するのも人間集団ならば、
    それを受け取るのも人間集団。
    この二つの人間集団は、「店」という「場」で出会います。
    そしてこの二つの集団の接点をつくるのリーダー「店長」です。
    この「店長」こそ、小売業やサービス業の「要」であると、
    確信しています。=

    とても読みやすいので店長に限らずリーダーシップを
    とる人は読んでみてほしい1冊。

  •  意外と皆さんの評価が高いので、驚いています。
     
     ドラッカーやドラッカー以外の有名な経営者の名言を引用して、店長さんの職務に役立つように編集した本。職務を軸に編集されているので、ドラッカーの入門書という位置づけではないのだと思われます。

     ひと通りのセオリーを勉強し終えた人が、わかりやすく部下に伝えたいときに使うネタ本という使い道が適当かなと思います。

     これを読んだだけで、学べることはそんなに多くないと思います。

  • 今やってる仕事とリンクすることが多くて、
    とても勉強になった!

    読みやすいし、ふむふむってすんなり入ってくる。

    もうすこし会社の仕組みがわかるようになったら、
    また読み返したい一冊。

  • 小売業・サービス業の店長に向けたドラッカーの「マネジメント論」。お店の強みを活かしたお客様への価値創造や組織づくり、地域に貢献していくポイントを解説している。現場の一人ひとりが、個人の強みを発揮して組織に貢献する。その行為の積み重ねが、組織力を強化し、「顧客の創造」を果たす。すぐに現場で実践できるヒント満載の一冊。

  • 結城さんの実例をまじえたドラッカーの教えが、わかりやすく解説されて読みやすいです。近々、ご本人にお会いできる予定で楽しみです!

  • 流行のドラッカー本かと思ったら、きわめて正統派。小売・サービス業におけるドラッカー流の経営を説く。わかりやすく解説されていて、ユニクロの柳井さんの書いていることの原点がドラッカーにあることもよくわかる。

  • 副題は「もし、ドラッカーがあなたの会社の社長になったら」という如何にも二番煎じっぽくて怪しげな本ですが、中身は結構面白いです。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

1952年、福岡生まれ。1977年、(株)商業界入社後、月刊『食品商業』『販売革新』編集長を歴任し、2003年代表取締役社長就任。2007年に退任し、2008年2月1日、(株)商人舎設立、代表取締役社長に就任(現任)。立教大学大学院ビジネスデザイン研究科教授、コーネル大学リテール・マネジメント・プログラム・オブ・ジャパン副学長、学習院マネジメントスクール講師ほか。「商業の現代化」をライフワークとし、商人の魂をもったジャーナリストを標榜。

「2010年 『小売業界大研究』 で使われていた紹介文から引用しています。」

店長のためのやさしい〈ドラッカー講座〉―もし、ドラッカーがあなたの会社の社長になったら (East Press Business)のその他の作品

結城義晴の作品

店長のためのやさしい〈ドラッカー講座〉―もし、ドラッカーがあなたの会社の社長になったら (East Press Business)を本棚に登録しているひと

ツイートする