スティーブ・ジョブズ 自分を貫く言葉

制作 : アラン・ケン・トーマス 
  • イースト・プレス
3.40
  • (8)
  • (3)
  • (14)
  • (3)
  • (2)
本棚登録 : 93
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (157ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784781607207

作品紹介・あらすじ

夢はどう実現するか!?突破するには!?最新・決定版名言集。世界を仰天させ続けた天才からのメッセージ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • スティーブ・ジョブズが亡くなる直前の言葉もあり、これがジョブズ、最後の言葉。個人的には、スティーブ・ジョブズの前向きな言葉を集めたこの本は、とても良いと思う。このような人が創った製品は、やはり間違いないと思う。。

  • 知ってる話も多かった。本で読むほどのものじゃない。

  • これと世界を変えた言葉は、「編集」というものでできている。その切り口を間違えるとどうやってもつまんないものにしかならない。

  • 失敗を恐れずに挑戦するからこそ、アーティストなんだ。
    海賊になる法が海軍にはいるより楽しい。
    人となりはその人のヒーローがだれかでだいたいわかる。
    世界を変えられると本気で信じている人たちが世界を変える。

  • ジョブズファンじゃなくても、心にぐっと響くのではないでしょうか。
    彼の発言を短いフレーズでいくつもまとめた本です。

  • よかった。コンピューターが好きだてことがわかった。私に近づきつつあるとする意識すれば何かにしがみつこうともせずにすむ誰だってすでに裸なんだ。ならは自分の心にしたがない理由はない。人生は短くやがてみんな死ぬその中でこうしようと決めたんだだったらものすごくいいもんしたい価値のあるものにしたい。

  •  全肯定のただの名言集に違和感を感じる。他人(それも会ったことすらない)の理解など限られた範囲であることは前提にしても、こうも限定された視点ではSteve jobsの「おかしさ」は理解できまい。
     まあ理解なんてしなくてもいいのか、この言葉に響いた人たちが自分を貫く勇気をもてるようになれば。
     Steve jobsが語られるのではなく、金儲けに利用されてると感じるからこんなに楽しくないのかも。

  • ジョブスのお言葉集。
    ささっと流し読みしちゃえるけど、そんな読み方だとジョブスに失礼なんだろうなぁ。

  • 請求記号:335.13/Job
    資料ID:50063403
    配架場所:図書館1階東館 め・く~る

  • 通勤電車の片道でさっと読めてしまうけれど、いちいち、うなずける。
    そう、信者にとって、Macは、そこにあるだけで、眺めているだけでもうれしい、もつヨロコビのある大切なもの。
    他のどんな高機能な製品でも、ワクワク感がなければ欲しいと思わない。

    私の仕事でも、”製品名を変えれば使えるコピーは作らない”を心がけている。
    ”何をやらないか”と言い切るのは勇気がいることでもある。

全15件中 1 - 10件を表示
ツイートする