蒲団 (まんがで読破 MD117)

著者 :
制作 : バラエティ・アートワークス 
  • イースト・プレス
3.31
  • (3)
  • (1)
  • (11)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 52
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784781608501

作品紹介・あらすじ

家庭があり、知識も分別もある中年作家の竹中時雄は、平凡な日々の生活に鬱屈とした心情をつのらせていたが、ある日横山芳子という女学生を弟子にとることにする。はじめのほうこそは仲睦まじい師弟であったふたりだが…。作者の実体験をもとに現実を赤裸々に描いた自然主義文学の代表作『蒲団』他、『一兵卒』『ネギ一束』『少女病』を漫画化。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 蒲団 田山花袋 イースト・プレス

    何とも暗い
    まわり中を不幸にしていく愚かしいが
    笑えない話
    インテリーが陥る堂々巡りの中で
    性的抑圧に翻弄される
    ジメジメとした鬱陶しい物語である
    こうした状態も
    人生の通り道なのだろうと
    妙な納得を得ながら読むことになる

  • 中年親父の妄想エロ漫画とすれば、結構楽しめる。
    主人公の若い女性に対する恋愛感情、妄想、嫉妬等は今も昔も不変で理解はできるが、これが、自然主義文学であり、私小説であり、センセーショナルな作品といわれると、ちょっと首をかしげたくもなる。

  • 2015年7月23日読了。「まんがで読破」シリーズ、私小説の走りとして有名な田山花袋「蒲団」ほか数編を収録。蒲団は青空文庫で読み結構印象深かったが、マンガだといかな名作でも「特にドラマも起伏もない、ふつーの話」に見えてしまうのがつらいところ…。実写映画化ならイケメン・美女俳優を使うという手もあるが、マンガの場合の工夫はまた難しそうだ。この漫画家のタッチは少年マンガっぽくて私小説には不向き(とくに「蒲団」はもっと官能っぽさが必要では)と感じたが、収録されている各短編の「アッという間に読み終わってしまう」感じは原作の無常観のようなものを掴み取れている感じがして(未読だが)、なかなか読みごたえがあった。

  • 2013年読了

  • 熱情が胸に迫ってくる
    一気に読んだ

  • 若くて美しい娘ともう一度 恋をしたい−

    家庭があり、知識も分別もある中年作家の竹中時雄は、平凡な日々の生活に鬱屈とした心情をつのらせていたが、
    ある日横山芳子という女学生を弟子にとることにする。
    はじめのほうこそは仲睦まじい師弟であったふたりだが…。
    作者の実体験をもとに現実を赤裸々に描いた自然主義文学の代表作『蒲団』他、『一兵卒』『ネギ一束』『少女病』を漫画化。

  • 処女への幻想てんこもり。

  • 作家とその弟子志望の若い女性って、どう考えても危ない展開になりそうなのに、明治の時代からそのネタってあるんだな。

  • いくつになっても男は男なのねぇ。

  • 男なら誰でも持つであろう願望を見事に、そして痛々しく表現しており、そこが凄い。

全10件中 1 - 10件を表示

蒲団 (まんがで読破 MD117)のその他の作品

蒲団 ─まんがで読破─ Kindle版 蒲団 ─まんがで読破─ 田山花袋

田山花袋の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ルース・ベネディ...
サン=テグジュペ...
バラエティ・アー...
マキアヴェッリ
シェイクスピア
ジョージ・オーウ...
バラエティ・アー...
バラエティ・アー...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする