聴くだけで心と体が安らぐ周波数「528Hz」CDブック

制作 : 和合治久 
  • イースト・プレス
3.73
  • (3)
  • (5)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 48
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (80ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784781610306

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • オーディオブックで読了。
    精神的にかなり参ってるときにこれを聴いて、
    確かにちょっと不安やストレスが解消された気もしたので
    多少なりとも効果はあったのかなーと。

  • 効果は聞き続けないとわからないと思うけど、試してみて、日常に取り入れて効果を実感したいなと思った。

  • 周波数が持つエネルギーを活用することで
    DNAのバランスを保っていけるように思います。

  • 今までモーツアルトやクラシック音楽やオルゴール療法やアルファ波ミュージックなど色々ありましたが、今度は周波数「528Hz」ですか。
    そういえばファジーだとかf分の1ゆらぎもありましたね。
    催眠やサブリミナルもあったけど。
    そもそも、CDは高周波成分がカットされているので脳に悪い、という意見はどうなのよ。
        
    ブクログ http://booklog.jp/item/1/4781610307
    ブックアサヒコム http://book.asahi.com/book/9784781610306.html
    読書ログ http://www.dokusho-log.com/b/4781610307/
    読書メーター http://book.akahoshitakuya.com/b/4781610307

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1950年長野県松本市生まれ。東京農工大学大学院修了後、京都大学にて理学博士取得。埼玉医科大学短期大学教授・学科長・学長補佐、埼玉医科大学保健医療学部教授・初代学科長を経て、現在、埼玉医科大学短期大学名誉教授、前・埼玉医科大学教授。専門は比較免疫学および免疫音楽医療学で、人間を含めた動物の健康維持機構を研究。各地の講演のほか、テレビ、ラジオ、医学・健康雑誌等で活躍する一方、日本各地で音楽セラピーコンサートを開催し、治未病活動を推進している。

「2018年 『「未病改善」のススメ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ツイートする