いくらなんでもいくらくん (こどもプレス)

  • イースト・プレス
4.00
  • (16)
  • (22)
  • (6)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 152
レビュー : 19
  • Amazon.co.jp ・本 (33ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784781610887

作品紹介・あらすじ

城下町に突然あらわれた「なんでも屋」と名乗る、謎のイクラ鮨。その想像をはるかに超える「なんでも屋」ぶりに、お殿様はもうメロメロ。イクラとシゲタサヤカの無限の可能性を感じられる1作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 願いをなんでも叶えてくれる、いくらくん。大人の世界では堕落しそうなオチを見事に平和に楽しく終わらせている。絵本の醍醐味です。

  • 設定もスゴイけど、オチにもビックリ!

    イクラって何なんだ?(笑)

  • かなりシュール

  • ・いくらなんでも、いくらくん

    ・いくら、なんでも、いくらくん
    =いくらが何にでもなれる
    っていう意味も含まれてるのかな?って思った

  • 配置場所:2F絵本架
    請求記号:E||91||Sh
    資料ID:W0183617

    いくらワールド全開!(スタッフ)

  • 施設への寄付でいただいた絵本の中で光っていた一冊。というか、単に、シュールです。笑
    文章長いしくどいかな、と思ったけどなんのことはない、普通に面白かった。

  • イクラが色んなものに変身します。
    面白いです。
    でもイクラ食べたくなくなります。

  • ページをめくるごとにびっくりします。いやー本当にいくらなんでもって感じです。

  • 発想が面白いなぁ。

  • 978-4-7816-1088-7 33p 2013・11・19 初刷

全19件中 1 - 10件を表示

プロフィール

シゲタサヤカ 1979年生まれ。短大卒業後、印刷会社勤務を経て、パレットクラブスクールで絵本制作を学ぶ。絵本に『まないたにりょうりをあげないこと』(講談社)、『オニじゃないよおにぎりだよ』(えほんの杜)、『おいしいぼうし』(教育画劇)など多数。

シゲタサヤカの作品

ツイートする