そのように見えた

制作 : 池田進吾 
  • イースト・プレス
3.75
  • (2)
  • (6)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 55
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784781610894

作品紹介・あらすじ

いつか出会った絵、音楽、人々。忘れられない風景、忘れていた記憶。その瞬間を捉えた言葉たち。いしいしんじの脳内美術館へようこそ!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 作家・いしいしんじさんが大切にしているあれこれを、いしいさんの目に映ったままに綴ったエッセイ集。
    すべてのページが池田進吾さんの絵で彩られ、1篇1篇の文章がきらきらと色を変えていく様が美しいです。

    いしいさんが大好きな魚屋「まるいち魚店」を先頭に、ずらりと並ぶのは人・絵・音楽・場所…。
    五感を揺さぶったモノたちがどんな風であったのか。
    ときにふわりと浮遊するような独特の表現に、軽い酔いを感じつつ読了。

    久しぶりにいしいさんの小説を読みたくなりました。

  • 何か読んだことがありそうで実はいしいしんじ初体験。エッセイになりました。最後の一編を除いて背景にイラストが書かれいる。こんなエッセイは初めてだ。挿絵の拡大バージョンとなる。絵と文章両面から表現できるものを狙っている。最後の一編だけは素に戻すなどいろいろ工夫されている。なかなか意欲的な試みだけど功を奏したとは言いがたい。とにかく字が読みづらい。活字を太字にするなどの工夫が必要だったのでは。
    内容としてはいしいひさいちの時には幻想的なまでの格調、芸術性高い感性に驚くとともに少しワタシとはあわない。SP盤の話などは面白いのだが。

  • 「さかなくん」の話がとても素敵でした。
    いしいしんじさんの表現力に脱帽です。

  • いしいしんじの頭の中は
    透き通った原色。
    エッセイというより、
    すごく綺麗な画集を見た感じ。
    あまりにも美しく、
    壊れそうな感じがした。

  • 絵がうまく融合されていて、エッセイも独特の雰囲気がゆったりと表れていて、大好きになりそう!

  • 作家いしいしんじが人・もの・場所について語る。
    いしいしんじの言葉は血肉を伴い生々しく耳に心に届く。映像的というよりも匂いや体温まで感じさせられる。なので語られる人・もの・場所が目の前に感じさせられる。それはSP盤のレコードを再生したときのように五感が刺激される。「いま、ここ」で語られているように。
    またカラーで描かれた池田進吾の絵のもつエネルギーが言葉のエネルギーを増大させる。実に生々しい本です。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

一九六六年大阪生まれ。作家。 現在、京都のミシマ社の「きんじよ」に在住。お酒好き。魚好き。 蓄音機好き。二〇一二年『ある一日』で織田作之助賞、二〇一六年『悪声』で第四回河 合隼雄物語賞を受賞。『ぶらんこ乗り』『麦ふみクーツェ』『ポーの 話』『 海と山のピアノ』(以上 、新潮社)『みずうみ』(河出文庫)など著作多数。

「2018年 『きんじよ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

いしいしんじの作品

ツイートする