孤高の白豹と、愛執を封じた男 天国へはまだ遠い (アズ文庫・ホワイト) (AZ BUNKO white)

著者 :
制作 : 榊空也 
  • イースト・プレス
3.60
  • (0)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :23
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784781611174

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 作者曰く熱い純愛、さらりとしたBLということですが、少なくともこの一冊はBLなんてかけらもありません。
    Hはもちろんキスや手を繋ぐなんて行為もありません。
    お互いに好きという気持ちもないし、雰囲気さえない。
    どこら辺が純愛?まぁ、友情らしきものなら多少はあるかもだけど。友人でさえないけどね!
    秘密組織が悪人と戦うみたいな展開なので、BLじゃなく少年漫画のような?

    続編が出てるようだけど、これからBLの要素が加わるならいいけど、同じような感じなら続編はいらんな。

  • 面白いんだけれど物足りない!のはHが無いせいなんでしょうねぇ。 ホワイトってことで純愛?路線だからなんでしょうね。設定的にはすごく面白くてこの二人の続きも読みたいし、 ルースという会社の他のメンバーのお話も読みたいけれど、このレーベルだとずっと物足りないで終わってしまいそうなのでそれも微妙だな~。ラストで気持ちは通じあったんだろうけれど、ちゃんとした気持ち確認はなく曖昧な感じで終わってしまっているので余計にジレジレ。

  • 表紙買い。これは…エピローグというかイントロダクションというかツボったのにまさか完結じゃないよね。続編希望!設定やキャラの紹介と事件1個が新レーベルのピュアBLというコンセプトで綴られていました。不老不死の千早×吸血人豹セルリアはモフモフもあり。「私は周(あまね)が楽しければいい」ギメル×周も良いな。何度も言う。続編希望!(そしてピュアなまま少しでも濃ゆくなっていくと嬉しい←微妙な注文だな)

全3件中 1 - 3件を表示

孤高の白豹と、愛執を封じた男 天国へはまだ遠い (アズ文庫・ホワイト) (AZ BUNKO white)のその他の作品

牧山ともの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

孤高の白豹と、愛執を封じた男 天国へはまだ遠い (アズ文庫・ホワイト) (AZ BUNKO white)はこんな本です

ツイートする