99%の人が知らないこの世界の秘密 <彼ら>にだまされるな!

著者 :
  • イースト・プレス
3.57
  • (15)
  • (18)
  • (17)
  • (6)
  • (4)
本棚登録 : 278
レビュー : 31
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784781611204

作品紹介・あらすじ

著者がとらえている世界の構造と、支配者たちによる策謀、そしてそれらを暴いてきた人々を紹介しながら、なぜ医学が批判されるべきなのか、その真の理由をあぶり出し、最終的に「我々はどのように考え、どのように生きていくべきか」を説く、哲学的な本。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 著者はかなり個性的。外山恒一っぽいイメージ。タイトルとは違う内容。世界を動かしている「彼ら」について言及している。フリーメイソン等。

  • グーミン = 愚民
    他人に理解を求める。自分が正しいことを訴えたくてしょうがない。理解してもらえないと切れる。
    ロックフェラー 石油・ユダヤ教徒・シオニスト
    ロスチャイルド 銀行・ユダヤ系ドイツ人
    イルミナティ 策謀の基本的な構造?
    フリーメイソン 友愛を掲げる結社
    シオンの議定書 100年以上前に書かれた24の議定 今の世界にほとんど当てはまる。ユダヤ人優位の世界。
    話は面白い。とりあえず、ネトウヨやパヨク、C層など、レッテル貼りで上から目線の自己の主張を正当化する方法が一番楽なんでしょう。せっかくの知識、優秀な脳みそが台無しな例。論破されにくい形を編み出し、優越感に浸る非生産的人物。真の行動は、「彼ら」に会う事でしょう(^^)

  • 「まず、この本に書かれていることをうのみにしないことがもっとも重要だ。」という一文を噛みしめたい。

  • 2017/07/23

  • 問題提起に特化した本でしょうか。

    本人も緻密な証明や論理は凝らしていない、色々自分でも調べてくれ、とは言っている。
    扱っている題目は面白いと思ったが、
    子供心で考えたら分かる、という言い回しは、自分の意見を通したいが証明書できない、説明できないのか、と勘ぐってしまった。

    が、何か主張したいことがあり、逸れをこうして形にできるのはいいことだと思った。
    それは、こんな本でも出版できてしまうんだ、ということではなく、こうして本を出版するという行動に移すことができることがすごいと思う。

    そして、この人はこの本が最初ではないようなので、この本も何かしら読まれる、信用されるものだということなので、私がこの本の趣旨を理解できていないのかもしれない

  • 数秘学のカバラ、666
    恐怖のヒコーキグモ、ケムトレイル、
    TPP、ISD条項、
    モンサンと、除草剤と種、
    人工地震を引き起こす、ハープ、
    1977年、環境改変兵器禁止条約、

    満州でのアヘン販売、里見
    人体実験たった原爆投下、ABCC、原爆障害調査委員会、放射線影響研究所、

  • かなり偏った考え方に見えてしまいますが、
    僕からすると、
    そんな考え方もあるんだ!
    とかなり勉強になりました。

    いかに相手の意図を読み取ろうとする力がなかったのかを知りました。

    一つの情報として参考とするなら
    かなりお勧めです。

  • 絶望しながら読んだ(^v^)♪

    メモ::
    P80 オフショアとよばれる地域
    P96 統計学もワナ。ウィリアム・ペティ政治算術が始祖。
    P109 デイ博士の講演内容 !!!
    P130 太陽光電池は猛毒の産業廃棄物。脱原発にかこつけてこんなビジネスをやっている奇怪な国は日本くらい。
    P146 自民党のルーツ。CIAによってつくられた政党。結党のときからずっとアメリカの奴隷。
    P151 自民党「清和会」と「経世会」。清和会:アメリカの手下。経世会:日本独立やアジア外交重視。
    P205 知ろうとすることを「質問することだと思い込んでいる人たち。 ←いるいるー!!!
    P108 重要なのは、信じているものとは「逆のもの」に目を向けること。
    P234 現代の糖質過多な食事、添加物、農薬の食事を見なおすべき
    P236 これだけは気をつけたい「18カ条」 ←!!!

  • とりあえず斜め読み。
    初の内海聡氏本。

    批判が絶えないので
    どんだけ酷いことを書かれているか読んでみたら、
    さほど過激な内容ではなかったのでトンデモ本ではない。

    と書いている自身がトンデモ人間なのかもしれない(笑)

    最後の一節でほんわかした。

  • ビックリするような事実を知る本ですね。

    少し偏見の様な感じもしたりはしますが、
    ただ生きているだけでは知らないような事実が書かれています。

    知ると、色々不安に感じてしまうので、
    もしかしたら読まなかった方が良かったと
    思われる方がいるかもしれませんね。笑

全31件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

内科医、作家、NPO法人薬害研究センター理事長

「2018年 『精神科は今日も、やりたい放題』 で使われていた紹介文から引用しています。」

99%の人が知らないこの世界の秘密 <彼ら>にだまされるな!のその他の作品

内海聡の作品

99%の人が知らないこの世界の秘密 <彼ら>にだまされるな!を本棚に登録しているひと

ツイートする