シュレディンガーの哲学する猫 シュレ猫とコトハ

著者 :
制作 : 竹内薫  竹内さなみ 
  • イースト・プレス
3.64
  • (3)
  • (3)
  • (4)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :65
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・マンガ (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784781611556

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 原作が中公文庫になっているらしく、そっちも気になる……

  • 哲学について考えるキッカケになった。
    絵が可愛かった。

  • 漫画で哲学!
    サルトルいい!
    なるほど!
    そういうことだったのか!
    サルトル!

  • もとは小説のマンガ化?

    1、ウィトゲンシュタインの章~言語ゲーム~
    2、サルトルの章~実在主義~
    3、ニーチェの章~超人哲学~
    4、レイチェル・カーソンの章~環境哲学~
    5、サン=テグジュペリの章~自分探しの旅~

    後ろ2人は哲学者だったのか…?

  • すこクサイ、どこに引っかき傷をもらうかは人次第、最後は青春が待っている、だなら安心して10代の子供にも読ませてもらいたい、そんな漫画。

  • マンガの哲学書、物理と数学をつなぐマンガかと期待したが・・・
    忙しいときには、積んどくになる

    最後に、シュレディンガーの猫の話しがほんのわずかだけ紹介されている。
    ・量子力学
    ・シュレディンガーの猫
    ・最も小さいものが「量子」?
    ・量子(ミクロ)の世界では、マクロの世界とは全く異なる法則が働いている
    ・シュレディンガー
    ・ミクロの世界で起こる奇妙な法則をマクロの世界に起きることとして説明したのがシュレディンガー
    ・「生と死が50%の箱の中に猫を入れる」そして、蓋をあけると「半分生きた状態と半分死んだ状態が成立する」

  • シュレ猫とか、チェシャ猫とか私には判らなーい。

    イースト・プレスのPR
    http://www.eastpress.co.jp/shosai.php?serial=2088

全7件中 1 - 7件を表示

シュレディンガーの哲学する猫 シュレ猫とコトハはこんなマンガです

ツイートする