月下の砂漠 凌辱の枷 (アズ文庫)

著者 :
制作 : 駒城 ミチヲ 
  • イースト・プレス
2.75
  • (0)
  • (0)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784781612409

作品紹介・あらすじ

月夜の砂漠でエルーガ王国の若き王アーキルと出逢った和季。だがその出逢いは、和季にとって悪夢の始まりだった。凌辱されながらも自分を明け渡そうとしない和季に、アーキルは快楽という名の枷を刻む。しかし憎しみの対象でしかなかったアーキルの深き闇と本当の姿を知り、次第に和季の心に変化が。一方、乱れきった国への不満の矛先が王であるアーキルに。引き裂かれる和季とアーキル…過酷な運命が二人を襲うが…!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • どんどんエロくなる?野原さん。いきなり王からの陵辱シーンと王の家来たちからの一昼夜の輪○で始まるけど、自分の秘められた(全開だったか?)欲望を見透かされるようなエロさについのめり込んでしまった。まぁ、王の方は一目惚れじゃね?と勝手に思ってたからね。実は孤独な王が少女ユリを遣い和季へ償う様に読手はほだされつつ(これで和季が王を好きになるのはどうかと思うけど)後半クーデターやら亡命やら話が大真面目に展開していくのにもうエロは不要だった。ご都合主義のハピエンだしなんとも言えない読後感だけど多分忘れ難い印象。

  • う~ん。何故くっつくのだろうか?こういう陵辱ものはあまり好きではないですね。 野原さんは作家買いなんだけれど、こういうお話というか他の人に陵辱されるのも嫌いだし、 最初のこの王のしてるのはすごく嫌い。 な・の・に何故好きになるのか?ってのが私には理解不能だわ。 後半が面白かっただけにこの二人の出会いは勿体無いな~。

全2件中 1 - 2件を表示

月下の砂漠 凌辱の枷 (アズ文庫)のその他の作品

野原滋の作品

ツイートする