坊っちゃん (まんがで読破)

著者 :
制作 : Team バンミカス 
  • イースト・プレス
4.00
  • (2)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784781614632

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 無鉄砲で人間味あふれる主人公・坊っちゃんが、数学教師として赴任した愛媛県松山市の中学校で、「山嵐」や「赤シャツ」など個性豊かなキャラクターとぶつかり合う物語。
    一筋縄ではいかない悪い大人たちのたくらみに立ち向かい、悩みながらも自分なりの正義を貫き通そうとする坊っちゃんの未来はどっちだ!

    赴任先の中学校にはエリート風の教頭「赤シャツ」、彼に反発する数学主任「山嵐」、影が薄くパッとしない「うらなり」などの教師たちがいた。
    主人公は当初、赤シャツの言葉を信じて山嵐に一方的な反感を抱くが、ある出来事をきっかけに彼を見直すようになる。
    そんな矢先、うらなりが他校へ栄転する事になる。しかしその実態は、彼の許嫁「マドンナ」を奪いとらんとする赤シャツの策略、体のいい左遷であった。
    その事実を知る主人公と山嵐は独自の調査によって赤シャツのスキャンダルを掴み、彼に私的制裁を加えた上で辞表を叩きつけ、松山を去る。


    結局坊ちゃんは山嵐と共に待ち伏せをして、
    芸者遊びを終えて朝帰りをする赤シャツとのだいこを力づくで懲らしめ、
    その勢いで学校をやめ四国を去ってしまいます。

    東京に戻った坊ちゃんは街鉄の技手となって、
    坊ちゃんの事を待ってくれていた清と共に暮らしました。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

明治、大正時代の小説家、英文学者。1867年、江戸(東京都)に生まれる。愛媛県松山で教師をしたのち、イギリスに留学。帰国後、執筆活動を始める。『吾輩は猫である』『三四郎』『こころ』など作品多数。

「2017年 『坊っちゃん』 で使われていた紹介文から引用しています。」

坊っちゃん (まんがで読破)のその他の作品

夏目漱石の作品

ツイートする