人馬 (一)

著者 :
  • イースト・プレス
4.31
  • (16)
  • (6)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 151
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・マンガ (172ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784781615110

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 作者は恐らく人外フェチなのだと思われる…私には人外フェチの要素はないのだが、人間の亜種として「人馬」が在る、亜種に対して人はここまで残酷になれると言う意味では『東京喰種』の世界観と共通するものがある。山岳の人馬、体躯が頑強、野生が強い。平地の人馬、細身で足が速く、戦に使い良い、狩り易いと言う事で人間に狩られ、使役化(家畜と言うより)し易い。山岳の強い個体である松風と、6歳の頃から人に使役されている美貌の人馬・小雲雀。同じ言語を解す存在に、こうも残酷になれるのか、人間は…武術に長けると「腕」が残されて戦力として重宝し、戦力外は腕を「去勢」してしまう…なんたる残酷さ。耐え抜き、生き延びた駿馬の子雲雀が、野生で生きて来た松風に色々教わる姿がいじらしい…飼い殺しとは正にこの事だ。

  • 松風かっこいい…

  • 馬の肉体の描き方がセクシー馬フェチにおすすめ

  • 絵に色気や、雰囲気があって良い。ストーリーは始まったばかりだけれど、スタンダードな物語と言った印象。

  • 4.2

  • 息子がどうなったのか、松風達がどうなるのかが気になる!

  • 人と人馬。人馬だから人が残酷に感じるけれど、人馬でなくてもそういう風に感じなくちゃいけないよね。
    なんだかとても切ない気持ちにさせられた。

    とにかく絵が美しい……
    第一部ということは、第二部があるってことで続くってことかなあ。どんな話になるのだろう、楽しみ。

  • 墨絵の世界。
    人ってたぶん思う以上に残酷なものだな。

  • 涙が止まらなかった。
    復讐の狼煙が欲しい。

  • (裏表紙の解説より)―古来よりこの国に住まう、半人半馬の種族「人馬」。
    時は戦国。人は彼らを戦の道具と見なし、その尊厳を奪った。

    ― 主人公の松風が迫力の登場をした時はこの力強いタッチで全編描かれるのかな?と少し構えましたが、行動を共にする事になる人馬、小雲雀が予想外にも早々にコメディの表情を出したので読み手側もほぐれる。

    物語とキャラクターの設定も興味をそそりますが、とにかくデッサンが安定しており馬好きな私としては安心して読めました。馬体のバランス難しい上、人体プラスですからね…。

    ごっつい松風とスマートな小雲雀の対照的な絵も好きだなぁ。くるくる変わる表情可愛い…。
    今後この二人が人間に使役される人馬とどう渡り合うのか気になります。

    これはまた嬉しい漫画に出会ったぞ。

    追記:作者の方の経歴見たらばデザイナーされてたり、個展されていたり。そりゃ巧いはずです…。
    Instagramにあげてある絵が好み過ぎてずっと閲覧してて止まらんです。何てこった!この漫画で知ることが出来て良かったー‼(エロかったりグロかったりな絵も有ります)

全13件中 1 - 10件を表示

人馬 (一)のその他の作品

墨佳遼の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする