この地獄を生きるのだ うつ病、生活保護。死ねなかった私が「再生」するまで。

著者 :
  • イースト・プレス
3.85
  • (16)
  • (12)
  • (17)
  • (0)
  • (2)
本棚登録 : 244
レビュー : 23
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784781616087

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • うつ病にかかり仕事を失って生活保護に頼ることになった著者。
    最低限の衣食住は保障されてはいるけれども、「生きているだけ」の生活。社会のお荷物になっているという感覚が彼女の心を更に蝕む。
    働くより楽だからと生活保護を安穏として受け入れている人たちもいるけれど、そこには生き甲斐がない。生き甲斐を求めてあがく彼女は、人として正しく、でも発作的に死のうとするほど病んでいる。異常なまでに淡々とした語り口に、その闇が垣間見える。しかし彼女はあきらめない。
    病気という足枷に縛られながらも、小さな手がかりをもとに這い上がっていく姿に、思わず応援したくなる一冊。

全23件中 21 - 23件を表示

著者プロフィール

1977年生まれ。短大卒業後、エロ漫画雑誌の編集に携わるも自殺を図り退職、のちに精神障害者手帳を取得。
現在は通院を続けながら、NPO法人で事務員として働く。
ミニコミ「精神病新聞」を発行するほか、漫画家としても活動。
著書に『この地獄を生きるのだ』(イースト・プレス)、『わたしはなにも悪くない』(晶文社)がある。

「2019年 『生きながら十代に葬られ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小林エリコの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
岸政彦
西 加奈子
西 加奈子
今村 昌弘
劉 慈欣
西 加奈子
今村夏子
辻村 深月
ピエール ルメー...
卯月 妙子
内田樹
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×