読書する女たち フェミニズムの名著は私の人生をどう変えたか

  • イースト・プレス
4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 331
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784781618944

作品紹介・あらすじ

「男女に格差なんてある?」と思っていたのに、いざ社会に出てみると「女」であるから降りかかるしがらみや災いが多すぎる!
女に生まれたモヤモヤと対峙するために必要な、フェミニズムの思想とその歴史を、14の名著をひもとく講義を通じて身に着ける。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 育児中の1人の女性の読書と受講を通して、フェミニズムの流れがわかった。ステファニーの悩みに共感しながら、時には彼女の私生活を心配しながら先を急いで読んだり、またはフェミニズムの名著を理解するのに時々立ち止まり考えながら読んだ。著者の願い通り、ここに書かれている名著を読み、引き続き学んでいきたいと思う。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

ステファニー・スタール
作家。『コスモポリタン』『グラマー』『マリー・クレール』『ワシントン・ポスト』等の新聞・雑誌に寄稿。作家としてのデビューは両親の離婚が自身に及ぼした影響について語った自伝的作品、The Love They Lost。バーナード大学卒業後、出版関係のエージェント勤務。その後コロンビア大学大学院ジャーナリズム科で学び、新聞記者をしていた時期もある。本書執筆後にブルックリン・ロー・スクールで法律学の博士号を取得、現在はNYのライター養成学校で指導にもあたっている。夫と娘とともにニューヨーク市ブルックリン在住。

「2020年 『読書する女たち』 で使われていた紹介文から引用しています。」

伊達尚美の作品

読書する女たち フェミニズムの名著は私の人生をどう変えたかを本棚に登録しているひと

ツイートする