被災地から問う この国のかたち (イースト新書)

  • イースト・プレス
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 24
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784781650012

作品紹介・あらすじ

平時のシステムと論理でなにが復興か!福島を代表する三賢者が魂の底から問う「この国の病根」。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 霞が関の世界では平時の論理に振り回されている。
    県市町村職員も国の中央ばかりを見ている。

  • 昨日の車中で読了。内容は十分なのですが、寄せ集めの編集、話したことの文章化では核心に迫ったものにならないのが残念です。

  • 私達はフクシマを抱えて生きていくべきだし、何より今から別のフクシマが生まれないように手を打たなければ、、、

    「「聴きたい曲があるの。でも、リクエストできない。泣いちゃう。亡くなった息子が好きだったの。『巨人の星』のテーマ。その子の思い出も何もないの。探そうにも、20キロ圏内だから、もう戻れない」。福島県民の70代の女性が、避難所でふと漏らしたつぶやき″である。和合亮一氏は「ここに福島の震災のすべてがある」と断言する。2011年3月15日午後の放射線線量は、なぜか福島のエリアだけ情報隠ぺいされていた。つまり、「大本営発表は嘘だった」と指摘する玄侑宗久氏。「福島が始まりの土地になる」と説く赤坂憲雄氏。三人の福島を代表する賢者が魂の底から問う「現代版この国の かたち」」

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

1956年、福島県生まれ。慶應義塾大学中国文学科卒。さまざまな経験と職歴を経たあとに、27歳で天龍寺専門道場に入門。2001年、『中陰の花』で芥川賞を受賞。07年、柳澤桂子氏との往復書簡『般若心経 いのちの対話』で文藝春秋読者賞を受賞。小説のほか、仏教や禅にまつわるエッセイや対談本も多い。08年より月福聚寺第35世住職。

玄侑宗久の作品

ツイートする