現代ニッポン論壇事情 社会批評の30年史 (イースト新書)

  • イースト・プレス
3.56
  • (4)
  • (9)
  • (12)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 104
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784781650852

作品紹介・あらすじ

この30年、日本の論壇はどのように在ったのか。たとえば、「若者論」。バッシングから擁護へと大きく舵を切った「若者論」の背景には、年長世代の粗雑で自己肯定的な「世代論」があった。昨今のリベラル知識人のSEALDsへの前のめりな評価は、そのような若者の「政治利用」の帰結でもあるのではないか?本書で批判の俎上にあげられているのは、柄谷行人、上野千鶴子、内田樹、高橋源一郎、宮台真司、小熊英二、古市憲寿など。60年代・70年代・80年代生まれと、世代が異なる個性的な論客3人が現代ニッポンの言論空間を語り尽くす刺激的な鼎談。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ロスジェネ・氷河期世代に対する論説を振り返り、リベラルによる「若者バッシング」を指摘する。

    最近日経系メディア中心に目にするバブル世代論もバブル世代の力の陰り(組織における氷河期世代との逆転、など)が見受けられるようになってきたことが背景にあると思うが、「若者」が同世代をどう扱うか。ヘイトスピーチを若者の「被害者意識のほうが優っている層」が担い手とする分析(72ページ)の観点からは見もの。

  • 疲れているときは鼎談や対談の本を読むに限りますね。論壇はあるのかないのか僕にはよくわかりませんが、有名論客に対する3人の評価を楽しみました。

  • 論客として活躍されている著名な方々を批評する鼎談形式の一冊です。自分の知識不足により、知らない論客の方が登場したのが大半でしたので、勉強後に再度読んでもいいかなと思いました。ツイッターのつぶやきが世論の反応とはだいぶ違うということは、頭に刻んでおきたいと思います。

  •  北田暁大 栗原裕一郎 後藤和智の三人がここ30年の若者バッシングを総括する。

     若者バッシングを軸にここ数十年の社会学の論客達を振り返れて、読むと色々と整理されたように思える。
     確かに内田樹らの論説は無責任に思うし、古市憲寿ブームみたいなものもこれを読むと流れの中の一つとして感じられる。
     もうちょっと何か芯があればここ十数年でキラリと光る本になったように思える。何か惜しい。

  • 世代的にはドンピシャ。確かに内田タッツの世代論にはムカつくところあり。あと、結構こまめに注がついてるので聞いたことあるけどよう知らんかった単語がすっきりする感じ。中身としては対談ってこともあってそんなに深みはなくてサクサク読める感じ。

  • 主に社会学から見た直近30年ほどの論壇史。面白いけど、いわゆる文化人、言論人を知らないと楽しめない、随分と狭い需要に向けて整理された内容という感じ。

  • ネトウヨもネトサヨも、同じくらいうさんくさい。とにかく言葉を粗雑に大げさに使う人や集団は信用できない。

  • 東2法経図・開架 304A/Ki62g//K

  • この本で言われていることは基礎認識として持っておくべきと思うが、左旋回してしまっている人には届かないんだろうな~。

  • 学生時代に集中講義を受けたことがあり、個人的に好きな社会学者である北田暁大と、評論家の栗原裕一郎、若者論等で知られる後藤和智による鼎談集。

    テーマは現代日本の論壇(それはつまるところ、日本の左翼的言説の実態と言い換えて良い)の問題点である以下の2点についてである。

    ・ロストジェネレーション(1970年代後半~1980年代半ば生まれ)に貧困の問題が、彼らが”元若者”となったことで忘却されている。その代わりに”現若者”を代表するかのような存在としてSEALDsが団塊世代の左翼系知識人に翼賛されている
    ・左翼系知識人を始め、日本のリベラルを標榜する言論人の大半が経済学の素養(というか数字に弱すぎる)を圧倒的に欠いており、経済成長の重要性を全く認識できていない。だからこそ、経済成長を政策の一丁目一番地に据える”アベノミクス”に対しても、「安倍晋三の政治スタンスが右傾的だから嫌い=”アベノミクス”も嫌い=経済成長は必要なく、限られたパイのなかでほどほど幸福に生きて行けばよい」という狭い範囲でしか思考できていない

    個人的に近年の左翼系言論人に対する違和感はこの2点目の問題点にすっきり表現されており、非常に腑に落ちた。民間企業での就労経験がなく、それは良いとしても、数字に基づく統計的な議論を無視して、社会思想で実態経済を変えられると思うならどうぞお好きに。左翼系知識人の皆さまは引き続き「靴箱の中で生きればいい」。

全13件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

北田暁大(東京大学教授)

「2018年 『社会制作の方法』 で使われていた紹介文から引用しています。」

北田暁大の作品

現代ニッポン論壇事情 社会批評の30年史 (イースト新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする